◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁-1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 11:00-18:00 ◆定休日 火曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(表17.18/裏4) 
8/20(土)-28(日) 小鹿田の会
8/28(日)タケダビスケットさん出張販売
8/29-10/8 長期休業 
10/8(土)-16(日)井上尚之のうつわ展

<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
小鹿田焼の会、8/28(日)までです

8/20(土)より始まりました【小鹿田焼の会】、毎日たくさんのお客様にご来店いただき心より感謝申し上げます。

店内のあちこちに、たくさんの小鹿田焼が展示してあります。

坂本浩二窯 坂本拓磨さんの淵付き皿、とってもいい表情をしています。

6寸、7寸とご用意しております。

飯椀にも、汁椀にもなりそうな4寸鉢。お子様用にとお求めになられてお客様用に、またカフェの開店記念のお品にとお選びくださるお客様もいらっしゃいました。

とにかく、沢山ご用意していますので家族分をお選びいただけます。今日は10歳の娘さんとお母さまがご来店くださいました。娘さんが自分で野菜炒めなどご飯を作れるようになり、せっかくなら素敵な器で食べてほしいとお話し下しさいました。そんな素敵な瞬間に立ち会えたことが本当にうれしくて嬉しくてたまりませんでした。

坂本工窯の坂本創さんの器、イッチンがとってのびのびしていて、私の好みの1枚。小鹿田焼らしくないかもしれませんが、若き陶工さんたちは今の暮らしに馴染むものを模索しながら作れています。そいうった、息遣いを今回の展示会で感じていただけばとてもうれしく思います。

今年の3月に小鹿田へ行った際のご紹介です。

日田市内から車で30分ほど走ると、山間の集落があります。

川の流れを使って土を砕く、「からうす」が静かな村々に「ギーゴットン」と音が鳴り響いています。

今回おせわなった坂本工窯の工さんです。いつもいろんなお話をしてくださいます。こちらは削りの作業中でした。

小鹿田は個人で窯を所有している家と、共同で窯を所有している家があります。

こちらは共同窯、黒木富雄窯、坂本浩二窯はこちらの共同窯で焼かれています。

火に入る前の皿、こちらは黒木富雄窯の作業場です。

娘と同じ年の息子さんがいるので、娘をすごくかわいがってくださり、ついついいつも家族で長居してしまいます。

ちょうどスープカップに釉薬をかけているところでした。奥様もひとつひとつ丁寧に作業されています。

窯に入る前の片口

こちらの傘立ては今回の展示会にも数点届いていますよ。

とてもとても寒い日だったのを覚えています。出来上がったものばかり見ていると、この制作風景を忘れてしまいますが、ひとつひとつ丁寧に作られていることを改めて思い出しました。焼きあがると美しい白、飴色、緑など表情を変えるのも本当に不思議です。

-小鹿田焼の会-

8/28(日)まで 11:00-18:00

8/28(日)はタケダビスケットさんの出張販売も同時開催です。

8/29-10/7は長期休業です。どうぞよろしくお願いいたします。

やっとやっと娘のパスポートが届きました。出発まであと2週間を切りました。がんばれ、チームテクラ!

小鹿田の会、スタートしました




本日より小鹿田の会、スタートしました。
オープン直前まで、準備をし、未だかつてない1000点以上の器がテクラに届きました。

今回は三軒の窯元さんにお願いし、本当に沢山の器を送っていただきました。
坂本工窯の坂本創さん、坂本浩二窯の坂本琢磨さん、黒木富雄窯の黒木昌伸さんです。今まで少しずつ入荷していたもの、今回一堂にご覧いただけます。
傘立ても色んなサイズが揃っています。
スープカップもそれぞれ、選んでいただけます。


日常使いしやすいのが、小鹿田焼の良いところ。家族分や、プレゼントにもお選びいただいて本当に沢山のお客様にご来店いただいた、楽しい楽しい1日でした。
店中の色んな場所にうつわが並んでいます。明日も皆様のご来店、お待ちしています。

9月の準備も少しずつはじめています。
8/20より小鹿田焼の会がはじまります
北海道東北の旅から無事戻り、昨日より常設展示を始めました。何も変わらずに待っていてくれてお店に感謝です。昨日も暑い中ご来店くださったお客様、本当にありがとうございました。
8/12.13.14.15は営業しています。帰省中のお客様、よかったらお出かけくださいね。ただ今の展示も井上尚之さん、福田るいさん、小鹿田焼、やちむん、など見応えたっぷりの展示になっています。
 8/20から始まる小鹿田焼の会の準備も始まっています。
今回のDMは初めてのイラストです、高校時代の友人にお願いし、描いてもらいました。夏っぽくってとっても気にっています。
皆様のもとへは、もうすぐ届くと思います。どうぞお楽しみにお待ちくださいね。

昨日も、オープンと同時に坂本琢磨さんから15箱(500点以上)が入荷しました。会期に間に合うように、開梱し、洗ってみなさまにご紹介できるように準備しています。小鹿田焼(おんたやき)はとにかく、丈夫で、使いやすく、働き者のうつわです。開店以来とてもご好評をいただいており、買い足しされる方、プレゼントに大皿を選ばれる方、初めてつかう方にもとってもおすすめの器の一つです。いろんな種類の器が並びますので、ぜひお出かけいただけたら幸いです。8/28はタケダビスケットさんのおいしい焼き菓子も販売いたします。どうぞお楽しみに
≪小鹿田焼の会≫
8/20(土)-28(日) 期間中のお休み8/23(火) ※会期が1日短くなりました
11:00-18:00
大分県日田市の山間で約300年にわた一子相伝という形でその技と歴史を繋いできた小鹿田焼。
昔ながらの技法を大切にしながら
人々の暮らしに寄り添い、その時代に合った物作りを続けてきた産地です。
生み出されるうつわは、盛り付ける食材や料理を選ばず食卓を美味しく彩ってくれるものばかりです。
里を流れる川のせせらぎ
土をつく唐臼の音
日向ぼっこするうつわ達の姿
古き良き日本の風景が残る小鹿田の里の空気感とともに皆様にお届けできましたら幸いです。
残暑厳しい中ではございますが、使いやすく美しいうつわ達を店内いっぱいにご用意して
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
8/28(日)タケダビスケットさん 焼き菓子出張販売開催します
8/11より営業します

8/10までおやすみをいただきます。

北海道もアッチコッチに寄りました。


二風谷の高野さんを訪れ、来年の展示会の打ち合わせに伺いました。




帯広にいる友人の工房を訪ねたり


北海道の景色に心が奪わっぱなしです



フェリーで八戸へ

揺れたけど、三人ともなんとか乗り越えました。




憧れの盛岡へ

冷麺が美味しすぎて2日間通いました。


秋田も岩手も美しい景色に溢れていました。今回の目的の一つ、漆器探しの旅でしたが良い出会いがありました。自家用にこれから使い込み、使うのが楽しみです。いつかお店でもご紹介できたら良いなと思います。


秋田の横手焼きそばもいただきました。

行き当たりばっちり?の長旅ももうすぐ終わります。車中泊にも慣れてきましたが、やっぱり静岡や我が家、お仕事も恋しくなって来ました。只今岩手を激走しています。

8/20からは小鹿田焼の会です、帰宅したとたんにどどーんと入荷する予定です。こちらも楽しみにしてくださいね。


出張テクラ@スイノカゴありがとうございました

丘の美しい美瑛


7/28-30 美瑛のスイノカゴさんで初めての出張テクラ@北海道を開催させていただきました。


スイノカゴさんのとっても素敵な店内に、静岡から運んできた器や道具が本当に嬉しそうに並んでいました。三日間、お天気も不安定な中、道内各地から来てくださったお客様、観光でたまたまご来店くださったお客様、かつてお世話になった先輩方など、沢山のお客様にお会い出来、本当に楽しい三日間でした。ご来店くださった皆様、静岡から応援してくださった皆様、お店を快く提供してくださったスイノカゴ様、心より感謝申し上げます。


美瑛滞在中は、キャンプ場のケビンで宿泊しました。同じ美瑛町ですが片道40分の通勤でした、北海道は広いのですね。美瑛は東京23区と同じ広さと聞けば納得です。

それでも白樺の林や、広い広い畑の間を走る毎日は通勤さえもリフレッシュしてしまいます。
お風呂は毎日近場の温泉に入っていたり、なんとも贅沢な日々でした。

ついつい駆け足で移動してしまいますが、一つの街にゆっくり滞在出来る幸せを噛み締めていました。
「北海道ではなかなか見れないので嬉しいです」とお声をいただくことが多く、皆様に喜んでいただけたことが本当に嬉しかったです。美瑛にいながら静岡にご縁のあるお客様にもお会い出来たりと、嬉しい楽しい三日間でした。また美瑛の皆様にお会い出来そうで楽しみです。
また、北海道で出張テクラ開催出来ますように。


今もう、北海道にいて何日目かわからないくらい、毎日毎日奇跡のような日々を過ごしています。

祖父の家へ立ち寄ったり



工藤和彦さんの工房へ伺いました。今年12月には静岡で個展を開催していただきます。美しい森を一緒に歩き色々お話出来ました。どうぞお楽しみに。

木工作家の丹野さんのお宅へ伺い、パリの展示に向けて作品を選ばさせていただきました。親戚のような存在の丹野さん、いつもお会いするたびに丹野さんのものづくりの深さを感じます。

美瑛では娘は大好きなお姉ちゃんが遊んでくれ、笑い声の絶えない日々でした。子供がたのしそうにしてくれることが、本当に嬉しいです。良かったね。


初めて洞爺湖へ
あまりにも美しい景色、優しい人々、素晴らしいお店に出会ってしまいました。

洞爺村にある【ラムヤート】というパン屋さんで、昨日夕方に急遽出張テクラを開催させていただきました。ほんの三時間くらいでしたが、沢山のお客様が来てくださり、また器を喜んで手にとってくださったことが本当に嬉しかったです。
懐深い、ラムヤートのみなさま本当にありがとうございました。

洞爺湖も最後に美しい景色を見せてくれました。また、必ずこの場所に来ます。
洞爺湖へ来たきっかけも、スイノカゴさんとのご縁も、全て白樺の美しいカゴを編むユーリさんのおかげでした。
不思議ですね。
北海道は広く、美しい、素晴らしい場所です。あと数日ですが、北海道の旅は続きます。
只今、北海道遠征中
7/24-8/10おやすみをいただきます。


予定は押しましたが無事出発しました。

熊本 福田るいさんからも追加便が到着しました。

井上尚之さんの器もたっぷり持っていきますよ。
出張テクラ、大好きな北海道でスイノカゴさまのご好意のおかげで今回の出張テクラを開催することができました。心より感謝申し上げます。

その他、高千穂のわら細工、やちむん、小鹿田焼、瀬戸本業窯、勢司恵美さんの竹かご、tamaki niimeさんのショールやお洋服、そしてテクラオススメ静岡の美味しいおやつをお持ちいたします。只今車にぎっしり積んで、美瑛へ向かっています。


栃木で夜が明け、

初めて走る東北道


秋田では以前からお世話になっている柴田慶信商店さんへ伺いました。貴重な天然の秋田杉で、手間暇かけで曲げわっぱが作られていました。
帰りにはオススメされた味わい深いかき氷屋さんへ。

八戸から初めてフェリーにのり

今朝、北海道の苫小牧に到着



北海道に来ました、嬉しいです。


お知らせがあります。

今夜のBS7chの「空から日本を見てみよう」という番組で先日の展示会を開催させていただいた、わら細工の甲斐陽一郎さんが番組に出演されます。わら細工の実演もあるようですのでよかったらご覧くださいね。

それでは、また北海道遠征をご報告しますね。
ヤンマのお洋服受注会ありがとうございました。

7/22.23 ヤンマのお洋服受注会へたくさんのお客様にご来店いただきましてありがとうございました。

みなさまと一緒に悩み、お気に入りの一枚を見つける二日間、とっても楽しく過ごさせていていただきました。ご注文いただいたお客様は12月上旬のお渡し予定になります。また、今回これなかったお客様はお店用のお洋服も12月末に入荷する予定です。どちらも楽しみにお待ちくださいませ。二日間、走り抜けたこぎんちゃん、ヤンマ産業の皆さま、本当にありがとうございました。

 

7/24-8/10まで、少し長いお休みをいただき、北海道へ向かいます。

7/28.29.30は美瑛町のスイノカゴさんで出張販売です、美しい北海道に伺えること、とっても楽しみにしています。

福田るいさん、井上尚之さんからも北海道にむけてのうつわが入荷しました。こちらも、お持ちいたしますのでぜひお出かけくださいませ。

 

<8月のおやすみ>

8/1-10、8/16.17.18.19 8/23.30

 

9月はひと月おやすみをいただきます。

 

8/20からは小鹿田焼の会がはじまります。当店でもとても評判の良い小鹿田焼、店内いっぱいにご用意してお待ちしております。

 

 

明日はヤンマのお洋服受注会です

ヤンマのお洋服受注会、準備がほぼ、整いました。藁の香りいっぱいの店内から、雰囲気が一新し、カラフルな楽しい生地でできたお洋服がたくさん並んでいます。

新作のオールインワンや、サロペット、久々登場のモモンガワンピースなどたくさん届いています。今回のご注文分は12月上旬のお渡し予定です。また、今回はお持ち帰りいただけるお洋服もたくさんご用意しております。

会津木綿で作られたポーチや、エコバック、ストールなどHARAPPAの商品もたくさんそろっていますよ。皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

【ヤンマのお洋服受注会】

7/22(金)23(土)10:00-19:00

駐車場は3台ご用意しております- 店舗向かい2台(17.18)/店舗裏1台(no14)

 

 

 

甲斐陽一郎の仕事展、ありがとうございました

暑い一日でしたね、お天気にも恵まれ、本日をもって甲斐陽一郎の仕事展最終日を迎えることができました。
最終日も沢山のお客様にご来店いただき、心より感謝申し上げます。

日之影町で稲を植え、藁を用意するまで絶え間なく努力され、一つ一つ丁寧に手から生まれるワラ細工は、穏やかでもあり、まっすぐに、そして力強い美しさをもっていました。
ものから感じる力は、ご来店いただいた皆さまにも、自然と伝わったのではないかと思います。

『藁のお店、初めて見ました』とお話頂くこともあり、お米は食べるけど藁は生活からぐっと離れてしまった今だからこそ、心に響くものがあったと思います。

会期の相談を快く引き受けてくださり、多忙な中挑戦し続けて素晴らしい作品を届けてくださった甲斐陽一郎さん、素敵な撮影をしてくださった大野写真研究室様、DM作成でお世話になったmuniさん、DMを設置にご協力いただきました皆さま、関係者の皆様、家族に感謝申し上げます。

楽しかった一場面、自然な感じでと撮影した写真はちょっとわざとらしくもあり、笑いの絶えない滞在期間でした。
陽一郎さんも静岡をすごく楽しんでくださったようで、沢山色々お話しさせていただきました。
また、藁をお伝えできる機会を設けたと思っています。

7/19.20.21は入れ替えの為お休みをいただきます。

7/22(金)23(土)10:00-19:00は【ヤンマのお洋服の受注会】です。是非、皆さまお出かけくださいね。

高千穂郷わら細工甲斐陽一郎の仕事展、18日(月)までです

今日もとてもとても暑い日でしたね。テクラでは蓮の花が、本日は美しく咲きました。スッキリとした良い香りがします。水連鉢にはクロメダカもいて、子供が増え始めました。近くには可愛らしいメジロの親子が居て、毎日の楽しみになっています。

昨日、遅くなりましたが、彫り物用の額が届きました。少し額縁を厚くし、より迫力あるものになりました。額も販売しておりますので、ご希望のお客様はお声がけくださいね。伝統的な縁起物の「彫りもの」ですが、私たちにはこれがアートに感じられます。

背筋がピシッと伸びるような気持になりますね。

昨年9月の「岩井窯 山本教行のうつわ展」で、甲斐陽一郎さんにお願いして作っていただいた鍋敷き、今では定番の一品になりました。芯も藁でできており、縄をしっかりと編まれて作られています。縄の仕上げではハサミを使って、細かい藁をカットしますが、陽一郎さんがどんなに早くても中サイズでは、おひとつ15分かかるそうです。納得がいくほど、美しい鍋敷きは、追加でお求めくださるお客様もいらっしゃいます。

我が家でも、小、中、大と使っていますが、小はミルクパンや、ピッチャーにお勧めです。中サイズはご飯土鍋や土瓶、大は1尺の土鍋にお勧めです。土鍋や土瓶をお使いいただくと、焦げ目がつく場合がございます。それも、経年変化や味と思っていただければと思います。壁にかけても素敵ですので、ぜひ楽しんでお使いくださいね。

 

前回は暖簾のご紹介をさせていただきましたが、渾身の一品、「藁の椅子」のご紹介です。今回も特に無理を言って作っていただいたのはこの椅子。直径30cm、40cm、50cmの3種類ご用意していただきました。

座り心地は、畳に座っているような、とても座り心地がよい椅子になっています。直径30cmのものを以前作業場で拝見していましたが、「もう少し大きなものがみたい!」とお願いをし、本当に本当に限界まで頑張って作り上げていただきました。

直径50cmの椅子は、あぐらをかける様なイメージでいたのですが、この上で胡坐をかいたときとてもとても、気持ちが良いものでした。背筋が正されるような、心が静かになる不思議な感覚です。50僂琉愡劼和膺容鷽佑盧造襪海箸できます。土間や、玄関、和室などあらゆる場面に似合う椅子です。

直径50cmの椅子に巻き付けてある縄は50mあるそうです。この1脚の椅子に使ったわらは軽トラック1台分と伺っています。気が遠くなるようなお仕事ですが、美しさや存在感、座り心地、そして今の日本で藁を生業にしている方らどれだけいらっしゃるのだろうかと考えると、唯一無二の椅子なのではないかと思います。ご来店の際は、ぜひこの椅子の座り心地を確かめてくださいね。

にんにくつと

卵か貴重だったころ、運搬用に考えられた方法です。卵ではなく、今回はニンニクを入れています。オブジェとしてもとっても素敵です。

毎年定番の「トリ」

鳥は来年の干支でもあり、縁起の良い動物だと言われています。伊勢神宮の境内の中にも居るそうで、良い知らせを教えたり、とりこむなど、ご商売にもお勧めのわら細工です。先日の実演ではトリを何羽か作られていました。お尻の部分がふくれるように、工夫されていたり、顔や足のバランスなど、ひとつひとつ丁寧に作られていたのがとても印象的でした。

陽一郎さんおすすめの物産コーナーも、欠品していたuipanさんのグラノーラ(グラノーラ、ココア味)が入荷しました。使われている小麦は高千穂で栽培されていたものだそうです。また、高千穂地方の昔からある「とうきび飯」も再入荷しました。こちらでは白米に乾燥したトウモロコシの粉をいれてご飯を炊くそうです。2合パックになっており、手軽に楽しめますのでぜひお試し下しさいね。

こちらのお米は、「再生産価格」といって、農家さんが継続していけるように、通常より高めの金額でお米を購入し販売されているもの。これからのコメ作りの在り方を考えられている「千人の蔵」さんから譲っていただいております。先日ご飯を頂きましたが、とってもつやつやでおいしいお米でした。美しい棚田で丁寧に作られたお米。ぜひ、お味見していただきたいです。

 

ご近所さんとの仲よくなられ、挨拶もされていたり、娘ともたくさん遊んでくださった陽一郎さん。「いろはちゃんのお父さん?お父さん二人いるの?」と間違われるほど、我が家に馴染んでいました。明日からの3連休、力強く作られた藁のお仕事をじっくりご覧いただければ幸いです。

 

 

 

 

***

(画像お借りしています。)

7/22(金)23(土)10:00-19:00はヤンマのお洋服の受注会を開催します。受注会とは店内のサンプルのお洋服から、お好きな布をお選びいただき、お洋服をご注文していただきます。また、丈を伸ばしたり、首の空き具合を詰めてもらったりとセミオーダーもできる特別な1年に一度の二日間です。会津木綿や、松坂木綿など日本の和木綿やリネンを中心とした生地を使った、着心地のよいお洋服です。ヤンマ産業のスーパーバイザーのこぎんちゃんが二日間いらっしゃいます、的確なアドバイスをしてくださいますので、お顔映りのいい色や、おすすめの丈の長さなど、ぜひ沢山相談にのってもらってくださいね。

 

この日はきっと暑い日だと思いますので、冷たいお飲み物をご用意しようと思っています。今回のお届けは12月上旬を予定しております。また、当日お持ち帰れるお洋服も今回はたくさん揃っておりますので、そちらもお楽しみくださいね。

 

(画像をお借りしてます)

 

そして、もうすぐこちらへ。北海道美瑛町にあるスイノカゴさんにて、7/28(水)-30(土)出張テクラをさせていただきます。北海道のみなさまにお会いできますように。

 

 

 

 

 

 

Check