◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(表8.17.18)
5/20.21 出張テクラ@安曇野野乃庵さま
6/3-11 SARAXJIJI2017s/s 6/17-25 齊藤十郎の仕事展
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【勢司恵美(竹)加藤育子(木工)山の仕事展】ありがとうございました
山の仕事展の最終日加藤育子さんの静岡の山桜で作るお箸作りのワークショップを開催しました。

ご自身の手に合わせたお箸をナイフで削り、

育子さんのうつわとお箸で藤枝瀬戸谷のお野菜たっぷりの美味しいお料理をいただきました。

10種類近いお料理を作ってくださったのは中村莉奈さん、丁寧な丁寧なお料理、本当にありがとうございました。お食事をしながら育子さんから木のお話、木こりさんのお話など伺いながら楽しい時間を過ごしていただけたと思います。ご参加いただきましたお客様ありがとうございました。
*
【勢司恵美(竹)加藤育子(木工)山の仕事展】連日たくさんのお客様にご来店いただき本当にありがとうございました。山と繋がりながら、ものづくりをされているお2人。どんなお仕事もそうですが、心の中に「何か伝えたいこと」や思いがあるから、ものづくりをされているのではないかと思います。その思いを少しでもお伝えできたのではないかと、思っています。みなさまの心になにかが残る展示会になっていただければ幸いです。

毎日毎日お店に足を運んでくださった加藤育子さん、遠方より駆けつけ、追加納品もしてくださった勢司恵美さん、そして御二人に会いに来てくださったお客様、ありがとうございました。
混み合うことが多く、駐車場の件ではお客様にご迷惑をおかけしたことも多々あるともいます。ご協力いただきましたみなさまありがとうございました。
なお、竹かごの一部商品と加藤育子さんの器は6/21(日)のHACOマルシェでご紹介させて頂くことになりました。どうぞお楽しみに。

5/12.13.14はお休みを頂き
5/15より SARAXJIJI2015春夏のお洋服展が始まります!がらっと店内を入れ替えてみなさまのご来店をお待ちしております。


 
【勢司恵美(竹)加藤育子(木工)山の仕事展】あと二日です

本日は加藤育子さんの実演日、一昨日ご主人の川根の現場で伐採したイタヤカエデの枝で器作りの実演をしていただきました。枝に金具を取り付け、旋盤に装着します。

まずは外側から

木の皮を残しながら削っていきます。

イタヤカエデの爽やかな香りがしました。

内側を削ります

右が枝の状態、左が今日出来た器。
写真では少し分かりにくいかもしれませんが、生まれたての子供ような、透明感のある美しい木目でした。製作中も育子さんが「綺麗な木ですねー」と話されていました。こうして、一本一本違う個性の木をその木にあわせて器作りをされています。明日もお天気が良ければ店先で実演を行いますので、お気軽にお立ち寄りいただければ幸いです。

こちらは今回の展示会でご用意していただいた、一番大きな桜のボウル、これを作るのにはどんな大きな木だったか創造してしまいます。1点1点表情が異なる木のうつわ、ぜひ手にとっていただければ幸いです。

茶碗めごのお問い合わせが多く、こちれでもご案内させていただきます。在庫がなくなった場合は4種類ともご予約販売になりますのでご了承くださいませ。通販も可能です。


茶碗めご(丸) 直径33cm高さ12cm 税込8640円 こちらはご予約販売(9月ころお届けの予定)
茶碗めご(丸小) 直径24cm 高さ12cm 税込8100円 

茶碗めご(丸・背高) 直経31cm高さ17cm  税込14040円 大きな器もしっかり収納できます。

茶碗めご(楕円) 37cm×31cm×高さ12 税込9720円)こちらはご予約販売(9月ころお届けの予定)

我が家の茶碗めご(丸)、使用して3年になります。勢司恵美さんに修理をしていただきながら毎日毎日我が家で活躍しています。いい色になってきました。

毎日の風景ですが、使用後はS字フックにかけて乾燥させています。ずぼらな私はかびさせてしまう事もありますが、表面けずったり、まな板など使用できる漂白剤を使うとカビが取れるそうです。最近は2つの籠を併用し、どちらかを休めながら使うようにしています。毎度毎度器を使い終わったらしっかりと収納できる暮らし方をしたいなと思いながら、それでも毎日の台所仕事の風景に竹が入ってくるのはとてもいいことだと思っています。

箸置き 540円 かわいらしいフォルムが勢司恵美さんらしくて好きです。

鍋敷き ¥2160 こちらも追加でお届けしていただきました。

味噌こしざる 直径13.5cm高さ6.5cm ¥3780 2点
ワークショップでもこちらを作りましたが、買い足しされるお客様も何名かいらっしゃり、とても使い勝手の良いざるです。昔の九州地方での味噌こしとして使われおり、我が家では鍋の野菜を入れたり、日常的にざるとして使っています。トマトを洗ったり、枝豆も似合います。

左 手つき味噌こしざる ざる直径13.5cm高さ6.5cm 手つき含む高さ32cm ¥3780 2点
右 手つきうどんこし ざる直径14.5cm高さ11.5cm 手つき含む高さ32cm ¥4860 1点
絹さやをゆでたり、干すにもとても便利なざるです。

まだまだ、良い作品が沢山揃っています。明日の育子さんの実演もふくめてぜひお店に遊びに来てください。完売していた杵塚さんのお味噌も再々入荷しています。皆様のご来店心よりお待ちしております。

【勢司恵美(竹)加藤育子(木工)山の仕事展】
5/2(土)−5/11(月)11:00-18:00

次回企画
5/15-24 SARAXJIJI2015 春夏のお洋服 






 
【勢司恵美(竹)加藤育子(木工)山の仕事展】はじまっています

5/2より始まりました【勢司恵美(竹)加藤育子(木工)山の仕事展】スタートし、あっという間に3日間経ってしまいましたが、毎日毎日遠方や初めてお店に来てくださるお客様など、沢山の出会いがありあっという間に時間が過ぎています。かごは予約で承れますので、じっくりお気に入りのサイズをお選びいただければと思います。

5/2.3は勢司恵美さんも茨城から来てくださいました。かご具作りの7割はこの材料作りだといわれています。一本の「ひご」を作るため、丁寧に丁寧に何往復も幅をそろえ、面をとり、けばをとり、気が遠くなるような作業が続きます。みなさまも作業工程をじっくりと見ていただき、途中お話しながらみんなでひごを作る体験などしました。勢司恵美さんありがとうございました。

今回入り口にあるこの「背負子(しょいこ)」丸太の重さはおそよ30Kgです。この背負子を背負い、加藤育子さんはきこりのご主人の山の現場から何往復も歩き、今回の展示会の器用に運んできてくださいました。

実際に皆様にも背負っていただきましたが、その重さに驚き、またこれを背負ったまま山の斜面を歩くことの難しさを想像するとぞっとします。この現場の山道はすぐ横は10mほどの谷だったようで、雨の日は危険で取りにいけなかったとか。命がけですね。でも、きこりのご主人様はこれより重い苗木を担ぎ、200本近い苗木を植林されているようです。それもまた、すごい仕事です。


初日の夕方には山の仕事のお話会を開催し、以前工房へ伺った際に撮影した動画や写真を皆様にご覧いただきました。

スライドの途中で、実際の刃物を見せていただいたり、参加者の方の素朴な疑問もお2人が答えてくださいました。お話会の後「かごやうつわの見え方が変わりました」といった嬉しい声も頂き、実演やお話会等、お2人のお仕事に触れる機会になれたこと、とても嬉しく思います。


育子さんと息子さん、きこりのご主人と勢司恵美さんです。

杵柄さんの小麦粉、丁度麦の穂を頂きました。よくパンを焼くお客様がこの全粒粉を使ったらもうほかのものは使えないと話されていました。お味噌やお茶も残りわずかになりました。


大切な器用にと竹のざるを購入される方も多いです。我が家は水切り籠として使って3年ほどになります。カビに気をつけながらも、器をふんわりと受け止めてくれる柔らかさ、美しさにほれ込み今でも毎日キッチンに置いています。
逞しいお二人の仕事ですが、女性ならではの大胆さと、心配りのよさもあり、どの作品も魅力的です。

明日5/5も加藤育子さんは在廊予定です。

そしてこの週末5/9.10は加藤育子さんの製作実演も予定しています。

魅力にあふれている山の仕事展、ぜひご来店お待ちしております。

【勢司恵美(竹)加藤育子(木工)山の仕事展】
5/2(土)−5/11(月) 期間中のお休み5/7(木)

作家在廊日  ※在廊中は製作の実演など予定しています
勢司恵美 5/2(土)3(日)
加藤育子 5/2(土)3(日)9(土)10(日)11(月)

茨城県行方市、勢司恵美さんは自ら山に入り、竹を1本1本見ながら採取し、
瑞々しく美しい青竹で、日常に馴染む、生活の為のかごを中心に編み続けています。
静岡県藤枝市、加藤育子さんは木こりのご主人が伐採した静岡の山の木々を、
奥様の育子さんが生木のまま旋盤(せんばん)とよばれる機械を使い、
ひとつひとつ、その木にふさわしい美しい形のうつわを作られています。
お二人の仕事は、「逞しい」一言に尽きるもの。
自然への敬意、感謝の気持ちから生まれる山の恵みたっぷりの作品をご用意し、みなさまのご来店をお待ちしております。
期間中 藤枝市瀬戸谷で作られた 杵柄さんの無農薬のお茶、お味噌、小麦粉の販売もいたします

■箸作りワークショップ&お食事会
「静岡の木でお箸を削る」
加藤育子さんと一緒に、静岡の山の木を使いお箸作りをします。
お作り頂いたお箸で、美味しいマクロビオティックのお料理を育子さんの器で召し上がっていただきます。
お野菜中心のおいしいお料理は中村莉奈さんご用意していただきます。
日時 5/11(月)10:00-15:00
参加費 3800円 キャンセル待ち
定員 8名 要事前予約 
 










 
山の仕事展 勢司恵美(竹)加藤育子(木工)

齊藤十郎の仕事展の途中ですが、次回企画のお知らせもさせていただきます。


【勢司恵美(竹)加藤育子(木工)山の仕事展】
5/2(土)−5/11(月) 期間中のお休み5/7(木)

作家在廊日
勢司恵美 5/2(土)3(日)
加藤育子 5/2(土)3(日)9(土)10(日)11(月)
※在廊中は製作の実演など予定しています

茨城県行方市、勢司恵美さんは自ら山に入り、竹を1本1本見ながら採取し、
瑞々しく美しい青竹で、日常に馴染む、生活の為のかごを中心に編み続けています。
静岡県藤枝市、加藤育子さんは木こりのご主人が伐採した静岡の山の木々を、
奥様の育子さんが生木のまま旋盤(せんばん)とよばれる機械を使い、
ひとつひとつ、その木にふさわしい美しい形のうつわを作られています。
お二人の仕事は、「逞しい」一言に尽きるもの。
自然への敬意、感謝の気持ちから生まれる山の恵みたっぷりの作品をご用意し、みなさまのご来店をお待ちしております。
期間中 藤枝市瀬戸谷で作られた 杵柄さんの無農薬のお茶、お味噌、小麦粉の販売もいたします。

■竹かごワークショップ
「青竹でざるを編む」
勢司恵美さんと一緒に直径17cmのざるを編みましょう
日時 5/1(金)10:00-16:00
参加費 5800円(Gemminy'sのサンドイッチランチ付)
定員 8名 要事前予約  のこり2席

■山の仕事のお話会
勢司恵美さんと加藤育子さんのお二人に、仕事の風景や、山での様子のお話など、
写真を見ながらお話を伺います。参加無料ですのでお気軽にどうぞ。
日時 5/2(土)16:00-17:00 

■箸作りワークショップ&お食事会
「静岡の木でお箸を削る」
加藤育子さんと一緒に、静岡の山の木を使いお箸作りをします。
お作り頂いたお箸で、美味しいマクロビオティックのお料理を育子さんの器で召し上がっていただきます。
お野菜中心のおいしいお料理は中村莉奈さんご用意していただきます。

日時 5/11(月)10:00-15:00
参加費 3800円
定員 8名 要事前予約 のこり4席


逞しいお二人の女性の山の仕事、ぜひお楽しみに!各種ご予約はお電話またはメールにてお願いいたします。