◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(表8.17.18)
4/29-5/8 甲斐陽一郎・勢司恵美 藁と竹の仕事展
5/20.21 出張テクラ@安曇野
6/3-11 SARAXJIJI2017s/s 6/17-25 齊藤十郎の仕事展
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ざざんざ織のお取り扱いを始めました


今日からお取り扱いの始まった浜松の絹織物【ざざんざ織】
ざざんざ織とはあかね屋の初代、平松実さんが創作した絹織物です。綿織物工場を営んでいた平松氏が昭和3年、柳宗悦が提唱した民藝運動に感化され、工芸的織物の創作を始めたそうです。

昨日、ご縁を頂きあかね屋さんへ訪問させていただきました。久子さんは2代目のご主人の奥様です。ご主人が亡くなられた今、久子さんがお一人で織られています。この織機は久子さんがお嫁に来たときからあったそうで、おそらく100年ほど前のものだと思うと話されていました。木製ですので、直しながら使うことが出来るそうです。

このときは「1.2.3.4.・・・」と数を数えながら、織りのおかしい場所を探し、ひとつひとつ織りなおしていらっしゃいました。

息を呑むような美しい仕上がりです。
絹糸を洗い、染め、糊をつけ、

整径といって、縦糸を糸車にて管巻きし、整径台にて一反の長さと巾を整える作業、そのほか

細かい針のようなものに絹糸を通し、と織機で作業をする前に膨大な地道な工程があるそうです。
静岡で生まれた美しい絹織物、ぜひ手にとってご覧いただければ幸いです。

ざざんざ織 コースター 1620円
どこかエキゾチックな雰囲気もあり、グラスが魔法のじゅうたんにのっているような、美しい光沢のあるコースターです。ご来店の際はぜひ手にとってご覧いただければ幸いです。