◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい no. 8.17.18)9/19-10/20長期休暇 
9/26-30 paris Le vent exhivition 10/10.11 exta nami にて出張テクラ 10/21-10/29 井上尚之のうつわ展
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
岩井窯 山本教行のうつわ展2017 ありがとうございました。

18日まで開催させていただきました「岩井窯 山本教行のうつわ展」沢山のお客様にご来店いただきまして、誠にありがとうございました。

2年ぶりに店内いっぱいに山本教行さんの作品が並び、わくわくとドキドキ、プレッシャーももちろんありますが、

何よりも心から素敵!いいなぁ、かっこいいなぁ、素敵だなぁ、と心が動いてしかたない作品と過ごす毎日は本当に幸せでした。

毎日たくさんのお客様と、土鍋のお話や、ガラス絵のお話、陶板の事、これが食卓にあるとこんな時間になりますね、など沢山のお話が出来たこともとても良い会期でした。

娘が半年の頃から、何度となく通った岩井窯さん。

主人が会社を辞めると決めたときも、山本教行さんは「それが正解ですよ」と背中を押してくださいました。そして、テクラが3年を迎えるときに、どうか個展をお願いしたいとお話し、2年前に始めての個展の開催できました。二回目の今回も、大野写真研究室の大野さんと一緒に岩井窯さんを訪れ、改めて素晴らしい魅力を感じ、共有してくださる仲間が出来たこともとても嬉しかったのを覚えています。

節目節目にこうして私たち家族とテクラを見守ってくださる大切なお方のお一人です。

作品ももちろん素晴らしいのですが、生き方や、あり方、沢山の学びをいただきます。


静岡の皆様に、こうして山本教行さんの作品とお人柄をご紹介でき、心より感謝申しあげます。


多大なご協力をしてくださった岩井窯 山本教行さん、岩井窯のみなさま、
ロコマニさん、
戸練ミナさんありがとうございました。



9/19〜10/20 長期休暇をいただきます。



いよいよ、チームテクラ、フランスへ出発です。今日が準備の山場、頑張ります!

岩井窯 山本教行のうつわ展2017 はじまりました

岩井窯 山本教行のうつわ展 昨日無事初日を迎えることが出来ました。こちらは今朝の店内の様子。東から、美しい光が差し込んでいます。

昨日は大阪、東京、三重、静岡のみなさま、沢山のお客様にご来店いただきまして誠にありがとうございます。

 

今回もOMBAKさんに活け込みをお願いしました。とっても美しい店内です。 

 

ご売約御礼


今回はガラス絵を何点かご紹介させていただけることになりました。山本さんはまず陶器の枠を作り、枠だけを壁にかけしばらく見ていると、中にどんな絵を描いたら良いか、イメージができるそうです。また、ガラス絵は反転して描くもので(ガラスの裏から描きます)そのバランスの良さや、配色、どれをとってもふつうではなかなか描けないものだということが、考えられます。

 

かつては静岡の人間国宝の芹沢げ雹瓩らも額の依頼があり、何点も送ると芹沢げ雹瓩ら「もっと送ってほしい」というような内容のお手紙が沢山届いたそうです。静岡と鳥取が45年経ってこうしてまたつながることが出来るのもとても嬉しいですし、

当たり前なのですが実際に芹沢げ雹瓩寮犬寮爾簑遣いを感じられるお話を伺うと、とてもとても、感激します。

 

 

そんなお話を伺いながら、昨日は山本教行さんを囲む会も開催しました。

 

奥様の房江さん、娘さまの姫奈さんがこの日のために仕込んでくださった本当に美味しいお料理たち。

山本さんの作品の上に、お料理が盛り付けられると、空気が変わり、とても穏やかな楽しい時間になります。

御参加頂きましたみなさま、ありがとうございました。

 

みなさまのおかげで、穏やかで楽しい楽しい1日目を迎えることが出来ました。

まだまだ、素晴らしい器や陶板、ガラス絵が届いています。どうぞお楽しみにお出かけくださいませ。

 

 

 

 

 

 

岩井窯 山本教行のうつわ展

9/9(土)-18(月・祝) 12:00-18:00 期間中のお休み 9/12(火)
山本教行さん在廊日 9/9(土)10(日)

 

 

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

・スタンプラリーのお知らせ 9/9(土)-18(月・祝)
期間中テクラで2,000円(税込)以上のお買い物 +
ロコマニさんで岩井窯さんのうつわを使ったメニューをお召し上がり頂く
- 菜食とおやつ ロコマニ -
11:30-18:00 日曜定休
静岡市葵区鷹匠1丁目10-6
054-260-6622

 

 

 

 

 

9/9(土)より岩井窯山本教行のうつわ展が始まります
-岩井窯 山本教行のうつわ展-
9/9(土)-18(月・祝) 12:00-18:00 期間中のお休み 9/12(火)
山本教行さん在廊日 9/9(土)10(日)

美しい海と豊かな緑に囲まれた鳥取県岩美町。
山本家の皆さんがあたたかな笑顔で迎えて下さる岩井窯がそこにあります。
ゆっくりと穏やかな時間が流れるこの場所で、
山本さんは物作りを通して日々の暮らしや食事の大切さ、そこにある喜びを提案し、
自らも実践されていらっしゃいます。
- 家族と共に、食卓を囲み、一日を労い、明日を想う -
自然と食卓に家族が集う山本家の暮らしから、いつも大切な事を教えていただきます。
土鍋の声に耳を傾け、炊き上げた御飯はそれだけでも御馳走で、
懐深く多彩なうつわはおにぎりをのせただけでも美しく、食卓を楽しく彩り、
ぬくもりのある陶板やガラス絵は安らぎのひと時をはこんできてくれます。
山本さんの作品が生み出す、穏やかな時間と空間をこの機会に感じて頂けましたら嬉しく思います。
共に暮らす一品との良き出会いがございましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


・スタンプラリーのお知らせ 9/9(土)-18(月・祝)
期間中テクラで2,000円(税込)以上のお買い物 +
ロコマニさんで岩井窯さんのうつわを使ったメニューをお召し上がり頂く
- 菜食とおやつ ロコマニ -
11:30-18:00 日曜定休
静岡市葵区鷹匠1丁目10-6
054-260-6622

・山本教行さんを囲む会
山本教行さんの奥様と娘さんがお作りになられる
美味しいお料理と鳥取の地酒をご用意させていただきます。
作陶にまつわるお話などを伺いながら、美味しく素敵な時間を
お過ごし下さいませ。
9/9(土) 18:30- 定員7名 参加費¥2,500 (満席御礼)

・戸練ミナさんのお料理会【ミナナイト】
岩井窯さんのうつわを使って、重ね煮料理研究家 戸練ミナさんのお料理を
召し上がっていただきます。ミナさんの楽しいお話と美味しいお料理の時間を
お過ごしくださいませ。
9/15(金)16(土) 18:30-20:30 各日定員7名
参加費¥12,960(¥7,560のうつわのお土産付き)
15日の会←満席御礼 16日の会←残り2席
今回も渾身のDMがやっと出来上がりました。
皆様のもとに、気持ちの良い秋風と共にお届けできますように。
岩井窯 山本教行のうつわ展2017のお知らせ

もうすぐ、2年ぶりの岩井窯 山本教行さんのうつわ展が開催です。

楽しみに待ってくださるお客様も多く、本当に嬉しいです。

ただ今(毎度遅くなっていますが)DMの製作中、お葉書のお知らせの前に今できる告知をさせて頂きます。

 

告知前に満席の会もございますが、ご希望のお客様はぜひお申込みお待ちしております。

 

【岩井窯 山本教行のうつわ展2017】
9/9(土)-18(月・祝) 12:00-18:00 
会期中のおやすみ9/12(火)
山本教行さん在廊日9/9(土)

■山本教行さんを囲む会
山本教行さんの奥様と娘さんがお作りになられる、美味しいお料理と鳥取の地酒をご用意させていただきます。
作陶にまつわるお話など伺いながら、美味しく素敵な時間をお過ごし下さいませ。
9/9(土)18:30− 定員7名 場所 テクラ 満席御礼
■戸練ミナさんのお料理会【ミナナイト】
岩井窯さんの器を使って、重ね煮料理研究家戸練ミナさんのお料理を召し上がっていただきます。
楽しいお話と、美味しいお料理の時間をお過ごしくださいませ。
9/15(金)16(土) 18:30-20:30 定員7名 参加費¥12960(器のお土産付き)場所テクラ 要予約
9/15満席 9/16(土)空きあり
■スタンプラリーのお知らせ
菜食とおやつ ロコマニさんで岩井窯さんの土鍋を使った特別メニューを提供していただきます。
そして、スタンプラリーも計画中。こちらも詳細が決まりましたら、お知らせいたしますね。

 

 

 

こちらは7月に鳥取へ行った様子です。

 

渋滞もあり8時間かけて、鳥取へ


主人の運転で、今回は初めて大野写真研究室の大野さんと一緒に鳥取へ行きました。ポートレートのように、いつものテクラ一家がどんなふうに旅をしながら、作り手さんのもとへ訪ねているのか少しでもお伝えできればと思い、撮影をお願いしました。

 

あいにくのお天気の予定が、撮影する瞬間に晴れ間が見えたり、一瞬光がさしたり、天の助けを感じられずにはいら3日間でした。

 

 

蓮の花もとても美しかったです。

こんな美しい夕焼けや

鳥取砂丘にも行き、どこまでも砂丘に向かった走る娘と、なるべく体力を使わないように心がけてしまう自分。

 

子供たちは再会を喜び、

美味しい物を沢山いただき

力強くお仕事される姿やお話を伺い、こうして今回も静岡のテクラで、素晴らしい山本教行さんの器や陶板、ガラス絵を展示できる喜びをしっかりとかみしめ、気持ちをあらたにしました。

 

 

自分のお店なので、思ったように、心から皆様にお勧めできる作品や、品々をご紹介できること、そして皆様に喜んでいただける事。この循環の中に暮らしがあることに、今の仕事をさせて頂ける喜びを心から感じます。

自分の心が嘘をつかず、気持ちよくお仕事をさせてもらえる環境であることが、何よりも幸せです。

今日も感じたのですが、温かく見守って下さるお客様、お一人お一人に支えてもらって、私たちは生かされているなと感じます。

鳥取駅前にある 「かわぐち」さんで岩井窯さんの器をふんだんにつかった、とっても美味しいお食事を頂きました。同じ世代でこうした、感性が素晴らしく、細部にまでこだわりのあるお仕事をされる姿に、私たちも勇気をもらいます。

 

 

帰りにはこちらの美術館へ

大野さんのおかげでこんな楽しい家族写真を撮影していただきました。上手に飛べた、これから風のように軽やかに飛んでいきたいです。

 

深夜2:00過ぎに静岡に到着、大野さんのおかげで旅の断片に思い出が加わり、とても良い出張になりました。

岩井窯さんのお葉書、みなさまどうぞお楽しみになさってくださいね。そして、展示会もどうぞお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

ヤンマ産業のお洋服の受注会、沢山のお客様にご来店いただきありがとうございました。

7/11.12.13はお休みです。

只今、鳥取出張に来ています。美しい景色、美味しい料理、美しい器に身も心も癒されています。
9月に開催される岩井窯 山本教行さんの展示会、どうぞお楽しみにしてくださいませ。



【戸練ミナさんの重ね煮お料理教室】、【岩井窯山本教行のうつわ展】ありがとうございました。

9/13(日)【戸練ミナさんの重ね煮お料理教室】開催されました。

キュートな戸練ミナ先生。
今回は、【岩井窯山本教行のうつわ展】にあわせての企画、岩井窯の土鍋を使って、美味しいご飯と基本の重ね煮を作って頂きました。

まずはデモンストレーション、ガラスの鍋で重ね煮の様子を見ていただきます。
お野菜の切り方やお米のとぎかた、食べ物に愛を持って接する姿、初めて聞く方は少しびっくりしてしまうかもしれませんが、ご参加されたお客様はとても熱心にお話を聞いてくださいました。



出番待ちのうつわたち。今回の為に山本教行さんが製作してくださったうつわが並びます。本当に豪華!



各テーブルで皆様が実際に教えていただいたように、野菜を切り、岩井窯の土鍋に野菜をいれていいきます。

おいしくなーれ、とおまじない。天地に感謝をし、お野菜に、自他共に感謝し、お役に立てるように、感謝の気持ちをこめて重ね煮をします。この言葉を聞くと、目頭が熱くなり、何人かのお客様も同じようなお気持ちだったようです。愛情たっぷりの言葉でした。

30分ほどすると重ね煮が出来上がりました。あんなにたくさんあったお野菜のかさがぐっと減りました。

土鍋ご飯で、塩お結びをにぎり、重ね煮をアレンジし、お味噌汁、春巻き、和え物があっという間に出来上がりました。

お漬物も岩井窯さんのうつわで。とっても素敵です。

皆様それぞれお好きな器で召し上がっていただきました。

少し時間がオーバーしてしまったり、こちらの不手際でみなさまにご協力いただくことも多々あり、たくさん助けていただきありがとうございました。

頂いた感想文を読ませていただくと、みなさまに戸練ミナ先生のお伝えされていことがしっかりと伝わっていた事が分かりました。
ただ楽しい美味しいだけのお料理教室ではなく、食べ物との向き合い方がかわったり、暮らしや、生き方を考えるきっかけになるようなお話だったのではないでしょうか。

テクラにとっても別会場開催、大人数のお教室など、初めてのチャレンジの連続でしたが、ナチュール様の温かいご協力、周辺のお店様のご協力、そして快くうつわを貸してくださった岩井窯さまのご協力で、このお料理教室が無事終わる事ができました。そして、静岡まで来てくださった戸練ミナ先生、素敵な素晴らしい時間をありがとうございました。私達の「重ね煮を静岡の皆様にご紹介したい」という思いが伝わったような気がします。ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
***

9/14(月)をもって【岩井窯山本教行のうつわ展】最終日を向かえました。最後の最後までお客様に見ていただけたこと、本当に心より感謝いたします。18:00は尊敬している大好きなお客様と迎えることができて、それもとても嬉しかったです。

遠方からもご来店くださったお客様、何度も何度も足を運んでくださったお客様、お問い合わせいただいたお客様、心より感謝申し上げます。

体力不足で、毎日バタンキュウでした。ブログやインスタグラムでもご紹介したかったのですが、今の自分達の暮らしではここまでが精一杯だったかなと思います。入れ替えを気にかけてくれ娘を預かってくれたお友達、緊急アルバイトに駆けつけてくれたMちゃん、休みナシで保育園に行った娘、ただただ感謝です。

お店に来ていただけたお客様には、しっかりと楽しんでいただけるような展示だったと思っています。山本教行さんが作られる、どれをとっても完成してしまっている世界観。器を作ることも、もちろんですが、これを使うとどんな素敵な暮らしが待っているかを教えてくれるように思います。お鍋がひとつ家庭に入る事で、きっと美味しく笑顔があふれる時間がうまれ、ご飯土鍋は美味しいご飯がいつもでき、大皿は分け合う喜びの時間、小さな土鍋は1人の幸せな時間が思いつくとても素敵な器でした。山本教行さんのうつわは展示会でしがご紹介できないため、常設では見ていただくことは難しいのですが、9/18まででしたらお問い合わせにお答えできます。気になるものがあるお客様はお知らせいただければ幸いです。


陶板も多くのお客様の心に響いたようで、とてもとても嬉しく思います。ただの手ではなく、これから先にある穏やかな時間を感じます。ご予約いただいたお客様には少々お時間を頂きますが、到着を楽しみにしていただければと思います。



9/1に訪問した際に咲いていた蓮。季節は秋に移ろいでいきました。

多大なるご協力を頂きました山本教行さんをはじめ岩井窯のご家族のみなさま、ありがとうございました。

まことに勝手ながら、明日9/17(木)は取材と片付けのため臨時休業を頂きます。店内で1日作業をしていますので、品物のお渡しはできます。常設展示では木星社の新作靴下が入荷しています。気持ちを新たにし、9/18より皆様のご来店、心よりお待ちしております。























 
明日は【戸練ミナさんの重ね煮お料理教室】です
今日もたくさんのお客様にご来店いただきありがとうございました。
明日9/13(日)は【戸練ミナさんの重ね煮お料理教室】開催です。お店は通常通り11:00より営業しています。












どの作品、うつわを手にとっても美しく、懐の深いうつわです。


ミルクピッチャーは凛としたたたずまいが美しいのです。口が広いタイプはミルクパンのようにスープ用の鍋としてもお使いいただけます。直火OK、朝淹れたお茶やコーヒーを温めなおすこともできますので、とても優秀です。




手付き平土鍋(小)
我が家でも愛用中です。ご出産を控えたお客様が、大仕事を頑張るためにこちらを購入してくださいました。新しい家族とこれからのご飯を食べる時間にこの土鍋の景色が刻まれるのはとても嬉しい事です。


ご飯土鍋も、ご高評いただいております。簡単で美味しく炊けてしまい、ご試食されたお客さまも喜んでいらっしゃいました。かわいい3ヶ月の赤ちゃんとつれて来て下さったお客様は離乳食にむけて、ご飯を楽しく作られたいとお話してくださりました。明日の重ねにはこちらで作りますよー



食卓でも活躍する「耳付土鍋」はサイズ展開があり、4寸5寸サイズは1人分のグラタンやアヒージョに、少量のご飯をつくる離乳食にはとってもお勧めです。画像の中心は尺サイズ、お味噌汁は7寸を使用しています。

手に持っている土鍋は5寸です

岩井窯さんのうつわたちのご予約は展示会の期間中(〜9/14まで)となっています。静岡では初めてのご紹介、こんな貴重な機会はないと思っています。手にとって、ご覧いただける機会ですので是非お立ち寄りくださいませ。









 
象嵌皿いろいろ

今回のDMでもご高評いただいた象嵌のうつわ、このDMを見てぶどうを買いにいってくださったお客様もいたようで、とても嬉しい反応もありました。


同じ象嵌でも丸になると印象が変わります。
小 φ14.5×3.5cm 6480円(税込)
大 φ17.5×3.5cm 7560円

向かって右側の象嵌は今回はじめて作ってくださったものです。きりりとして素敵です。

掻き落としのうつわもあります。
8寸皿 φ24×4cm 10800円
6寸皿 φ17.5×3.5cm 6480円
5寸皿 φ14.5×3.5cm 5400円
4寸皿 φ12.5×3cm 4320円


象嵌角皿 
大 18.5×15.5×3cm 7560円(ぶどうのっている使用)
小 13.3×11×3cm 5400円
小サイズは1日目に購入された方が、あまりにも使いやすく2日目も買い足しに再来店されたほど、使い勝手のよいうつわです。


同じサイズの牡丹模様の掻き落としのうつわもあります。
小 4320円
大 6480円



明後日の【戸練ミナさんの重ね煮お料理教室】の為に作られた、8寸皿。みなさんとこちらで美味しいお食事を頂きます。

力強いうつわがまだまだ、たくさんあります。
ほんの一部しかご紹介できておらず、心苦しいばかりですが、ぜひ、この山本教行さんの作品を見ていただきたいです。
産地をいくつか回っているなかで、ある職人さんが「山本教行さんは今の民藝界で実力ともに最高峰のかたです」とお話されていたのがとても印象的でした。ぜひ、みなさまにご覧頂きたい展示会です。ご来店お待ちしております。

 
高千穂のわら細工、鍋敷きのご紹介

【岩井窯山本教行のうつわ展】にあわせて、注連縄でお世話になっています宮崎県高千穂の甲斐陽一郎さんに土鍋に合わせて大中小と3つの大きさで鍋敷を作って頂きました。芯の部分もすべて藁を使用しています。

しっかりとした表情、安定するように中心の帯の位置が下部についています。山本教行さんも、「これはとてもいいですね」と喜ばれていました。土鍋と一緒にいかがでしょうか。

壁に掛け、インテリアとしても楽しんでいただけるように、工夫されています。

こちらは中サイズを使用中

6寸の土鍋にもぴったりです。

【甲斐陽一郎作 わら鍋敷】
■尺土鍋におすすめ- (大) 径20cm×高3.5cm  4200円+TAX
■ご飯土鍋、7寸土鍋におすすめ- (中) 径17cm×高2.5cm 3600円+TAX
■ミルクピッチャーにおすすめ- (小) 径15cm×高2cm 3000円+TAX

こちらは甲斐さんからのこの鍋敷のご説明です。
・ 焦げ付いても耐久性をもたせるため、太めの縄でざっくりと編み込みました。
・ 土鍋はかなりの熱をもっているので、以前のものよりドーナツ状の輪を厚くしております。テーブルを熱から守ります。
・ サイドの波目の位置を底面に下げることで、重い土鍋を乗せても安定感が保たれるようになっています。
・ これまでのものと同様、取っ手の輪を大きめにしておりますので、キッチン周りにかけてインテリアとしての役目も果たせるようになっております。
・ 中の芯から全て手綯いのわらで仕上げています。


私達からも「こんな感じで作っていただけますか?」というご相談にも快く対応してくださってた甲斐さん、おかげさまでとてもいい鍋敷きがうまれました。甲斐さんも私達と同世代、これから一緒に美しい道具を作ってくださる方のお一人と思い、今回の素晴らしい鍋敷きが届いたときとても嬉しく思いました。

高千穂では年末に向けてただ今わらの刈り取り中だそうです。今年も年末には美しいわら細工の数々が店頭に並びます。こちらもあわせてお楽しみに。

今日も1日家族みな元気で過ごせたことに感謝。この合掌をみると、感謝やありがとうの気持ちが自然と生まれます。
この温かな赤ちゃんの手のようなぷっくりとした仏様の手は鎌倉時代の木像を参考になれたそうです。まだまだ、ご紹介したい器はたくさんございますので、お楽しみにしてください。明日も11時より皆様のご来店心よりお待ちしております。

【岩井窯山本教行のうつわ展】〜9/14(月)まで





 
陶板いろいろ
今回の【岩井窯山本教行のうつわ展】では、思いがけず陶板や硝子絵をご紹介できることになりました。山本教行さんの陶板は数種類の絵があり、山本教行さん自身が絵を描かれています。木枠は漆塗りでしっかりとしたもの、すぐにお部屋にも飾っていただけるものです。
すでに販売済みのものもございますが、ご予約も承れますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。
陶板サイズ 23.5×23.5cm /ガラス絵 21×17cm

(手 ご予約販売


∧手 

A仄蝓

「どこの国の方も、喜ぶときは手をたたくそうですよ」というお話をうかがいました。喜び楽しみ、よい意味がこめられているようです。


す臂検,翰縮麋稜
こちらは自宅に同じものがございます。どの手も仏様の手ですが、こちらは特に心が穏やかになるような気がします。


チ仄


κ珠
宝珠(ほうじゅ)とは仏教でいかなる願いをかなえるものともされています。宇宙とも言われており、とても縁起のいいものだそうです。お祝いにお勧めです。どの額にも裏には山本教行さんのお名前と題名が書かれています。


蓮手


蓮 ご予約販売となります


蓮 ご予約販売となります


蓮 四隅に蓮の花びらがとても美しいです


瓶二つ ご予約販売


梨 ご予約販売





ガラス絵 


キャベツ






どれをとってもウットリしてしまうようなガラス絵です。額も絵も山本教行さんが作られていますが、 芹沢げ雹瓩砲盂曚鯆鷆,靴討い燭修Δ任后芹沢げ霎萓犬里話もそうですが、民藝運動に深く関わった吉田章也氏など、ずっとずっと前の時代の方々かと思っていた方のお話をうかがえるのはとても不思議なことです。今の時代に生きていられる事が(間に合ったといってもいいのですが)とても嬉しいと感じました。


先日の食事会の様子

山本教行さんを囲み様々なお話をうかがいました。

BRUTASの記事を見ながら、山本教行さんが影響を受けたものなど、みなさま興味深く聞かれていました。

奥様の房江さんから届いた手料理。奥に見えるのはイノシシのカツ、先日岩井窯近くで取れたそうです。美味しいお料理に、美しい器とお酒、よい時間が流れていきます。

なすの煮物

茗荷の甘酢漬け

キノコのマリネ

自家製のらっきょう

みんなで食事を囲む喜び、山本教行さんはご自身の生活で実践されていらっしゃいます。

金彩の器には自家製のゴマのお菓子、これもとても美味しいです。
好きな器を思い切りつかわさせていただく喜びといったら、何にも代え難いです。とてもとても幸せな時間でした。

鳥取から美味しいお料理を送ってくださった、岩井窯のみなさま。お忙しい中お時間を合わせてくださったお客様、お手伝いのみかちゃん本当にありがとうございました。引き続きこちらでも【岩井窯山本教行のうつわ展】のご紹介をさせて頂きます。