◎tamaki niime展 3/16(土)-25(月)

◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい NO.8.17.18)
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< tamaki niimeさんのアトリエへ | main | 入荷のお知らせなど、 >>
瀬戸本業窯のうつわ展のお知らせです



今月末に開催のうつわの展示会のご案内です。


先日、大野写真研究室の大野さんとポニョちゃんこと河渡智美さん、ご主人のゴードンこーひーさんと一緒に我が家で撮影を行いました。



撮影後の賄い、どれも本当に美味しかったです。

瀬戸本業窯さんが江戸時代から変わらない模様があったり

技法がどうして続くのか、主人と色々話をしながら考えたのですが、

そう、やっぱり使いやすく、美しいからなんだ!とわたし達も気づきました。すごくシンプルなことですが、使いやすさの裏には技術や職人さんの力があり、

人々の使いやすさを無意識に意識する思いやりは、使い手への愛、だなぁと思っています。

素敵なうつわを楽しくお使いいただき、毎日の暮らしに楽しく取り入れてほしいなと願っています。





今日の夕ご飯です。

煮込み過ぎた大根も、豚肉も、しっかりと受け止めてくれる黄瀬戸と呼ばれる薄黄色。

とっても静かで控えめだけど、

使えば使うほど、味わいが増すうつわなのです。こういう器が、日本らしくて趣があってしみじみいいなと時間をかけて良さが増す器だと思います。



先日のアクトカフェさんでのひと場面。

黄瀬戸の菊線ぼりの器が、また良い仕事をしていますね。




馬の目皿も、使いやすくて素敵なのです。安心感がありますね。


先日主人が瀬戸へ行って、展示会の器を最終確認してきました。たくさんの種類の良い器をご用意できています。食べ物の美味しい秋の食卓に活躍する器も揃っています。ぜひ皆様お出かけくださいね。私たちも楽しみにお待ちしております。


以下DMのご案内になります。発送までもうしばらくお待ちください。



瀬戸本業窯のうつわ展

10/27(土)-11月5日(月)

12:00-18:00

期間中のおやすみ

10/30(火)11(水)

8代目半次郎後継予定 水野雄介さん在廊日


10/27(土)28(日)


陶磁器全般が「瀬戸物(せともの)」と呼ばれるほど、数多くの物を世に送り出してきた大窯業産地 瀬戸で、約250年なわたり代々その技を引き継ぎ、想いを守り抜いてこられた瀬戸本業窯さん。

生み出される堅実な器たちを使い続けると、多くの方に長く愛されてきた理由がわかるような気がします。

日々の食卓に温もりと清々しさを届けてくれる多彩な器たちをぜひお手にとってご覧下さいませ。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。




COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/1049
TRACKBACK