◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい no. 8.17.18) 11/3-12 tamakiniime展 11/18.19出張テクラ@瀬戸本業窯様 11/23-27出張テクラ@コスモスコーヒー様 12/1-12テクラのお土産展 12/8.9 ミナナイト!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 離乳食 | main | (段ボール)箱入り娘 >>
竹と暮らす 沖原沙耶さん


さじ
最近、竹林を見ると宝の山に見えてきます。
理由は実用的かつ素敵な竹のカトラリーを作られている沖原沙耶さんとの出会いがきっかけです。
竹は繊維が丈夫でしなりもあり、腐りにくい材料。昔の人はこうした材料を籠や箸など生活の道具として使用してきました。竹を選んだ昔の人の知恵は、長い間ずっと受け継がれてきたもの。しかし、最近は竹が使われなくなってしまったので、なんとか竹の魅力を伝え復活させたい。という強い想いからカトラリーを作られています。
ご自分で竹を取るところから始まり、半年ほどの乾燥、材料の見立て、そして一つ一つ丁寧に制作されています。スプーンの口にあたる部分は彫刻刀で掘っています。口当たりがとてもいいのです。
工房へお邪魔した時、丁度スプーンの制作中でした。

節は堅いので一番力のかかるところに用います。この節の使い方がとても素敵。
この部分は根に近い部分、節の間隔が狭く一本から少量しか取れない貴重な材料。
とてもいい表情のカトラリーに変身します。
出番まちの竹

また、竹は油分を含むと丈夫になります。使い込むほどに表情が豊かになります。我が家の半年になるスプーンも手触り良くなってきました。
山梨の静かな山里で、自然と向き合いながら、農業を営み、竹のカトラリーを作る沖原さん。とっても逞しく、謙虚で、素敵な方です。
先日ご紹介をした加藤育子さんをはじめ、テクラでご紹介させていただく
女性の作家さんは作品も、生き方もとても逞しく、素敵で、
かっこいい女性が多いのです。お会いできて本当に光栄です。
工房から眺める景色。棚田がありとても気持ちの良い場所。
うっすらと富士山も見えました。

COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/18
TRACKBACK