7/13(土)-22(月) 陶藝玉城の仕事展
◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい NO.8.17.18)
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2014年1月4日 | main | 金継講座&中国茶講座のお知らせ >>
齋藤十郎さんの工房へ
昨年末に齋藤十郎さんの工房へお邪魔させていただきました。
静岡県伊東市に工房を構える齋藤十郎さん。
ずっとお会いしたいと思っていたのですが、この度ありがたいことにご縁を頂き、
当店でもお取扱いさせていただけることになりました。

到着後、工房近くのパスタ屋さんへ伺いました。十郎さんの器に盛られたパスタやフォカッチャ、どれもとっても美味しかったです。器ももちろん素敵でした。子連れでなかなか写真が撮れませんでした・・

食事の後は工房を案内していただきました。こちらはご自身で作られた窯。
昔ながらの薪で焼くことにこだわり、それが制限となり軸となり、
十郎さんのぶれない作品になっています。

薪は地域の解体現場などで出た廃材を使用されています。

廃材の中に木彫りのクマも入っていたそうです

工房もご自身で作られたもの。
まるで秘密基地のような工房は、
訪れる皆さんが「落ち着く」と話される理由がわかります。
スリップウェアを描く道具も缶に細長い管を付けたもの。
これもご自身で作られています。

入れ子になっているオーブンウェア。

深さがしっかりとあるので、
グラタン、煮物などなんでも使っていただけます。
こちらは我が家の料理サツマイモのリンゴを煮たもの。
どのサイズに盛り付けしようかしら、
と楽しく迷えるのがいいですね。
伊東に来るまでの経緯やご修行中の頃のお話など伺い
あっという間に時間がたっていきます。
お話のあと、仕入れをさせていただきました。

スリップウェアを中心に、カレー皿、平皿、豆皿など、
またスリップの器と馴染む落ち着いた灰色の丼、
急須など仕入れさせていただきました。

奥様や十郎さんの息子さんに遊んでもらった娘、
本当にお世話になりました。
翌日も「お兄ちゃん・・・」と十郎さんの息子さんを探して呼んでいました。
帰るころには綺麗な星空が一面に広がっていました。
こちらの工房は近いうちに建て替えられ、
十郎さんが前々から願っていた
障害を持った方と一緒に作品が作れるよう環境を整えるそうです。
次の夢に向かっている十郎さんにお会いでき、
この日も胸がいっぱいになって帰路につきました。
昨日より店頭に十郎さんの作品が並んでいます。
醤油さし
醤油差し 大4200円 小3150円 soldout
絶対に垂れないようにできています。

急須 中 5250円

急須小 4200円 SOLDOUT
十郎さんは急須作りが特に大好きだと話されていました。
水切れもよく、また、安定した形が美しいです。

豆皿、小皿、6寸皿いろいろ入荷しています。

9寸平皿 十郎さんがミカンを盛り付けていた物でしたが、
お願いし譲っていただきました。
(先ほどのSBの缶の道具で描かれた作品!)
本当に綺麗に仕上がっています。
SOLD OUT

カレー皿、楕円で少し立ちがあり、とにかく使い勝手がいいです。
SOLD OUT

私も使い始めましたが、パスタもカレーもしっかりと受け止めてくれます。
食材の脇からスリップが見えるのもとっても気に入っています。
是非店頭で手に取っていただきたい作品です。
皆様のご来店、心より御待ちしております。
***
こちらは通販対応可能です。
気になるものがございましたらお気軽にお問い合わせください。


 
初めまして。

私の知人が、齋藤十郎さんと同姓同名で
兼ねてより訪ねてみたいと行っておりました。


今度、一緒に伊豆へ旅行へ行くのですが、
窯を訪ねることは可能でしょうか?
また、その際は
どこからコンタクトを取ればよいでしょうか?

教えていただけましたら幸いです。

moe | 2019/03/13 20:14
COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/329
TRACKBACK