ヤンマ受注会(テクラ店内) 6/26(金)-29(月)

◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 13:00-17:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい NO.8.17.18)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< はじまりました | main | コスモスコーヒーさん一日出店終わりました >>
山根窯 石原幸二作陶展二日目

二日目の今日も秋晴れのとても良いお天気でした。開店前に石原さんを日本平へご案内させていただき、雲の上に見える富士山、駿河湾、静岡らしい風景を楽しんで下さったご様子でした。本日も沢山のお客様にご来店いただき感謝しております。菊川から電車バスを乗り継いで来て下さったお客様や、お仕事の合間の休憩時間に来てくださったお客様、いつも寄って下さるみなさまにご来店いただき、とても穏やかでよい一日になりました。

楕円鉢もすべて1点物になります。
石原さんは民芸品の蒐集をされており、ご自宅には沢山の民芸品や、工芸品が展示されています。一緒に芹沢けい介美術館へ同行させていただいた際も芹沢先生の世界各地の蒐集品を見て「静岡に住んでいたらここで一日スケッチして過ごしたいな」とお話されていました。石原さんの美の琴線に触れたものが、作品に反映されているように見受けられます。
蓋物
石原さんのお宅では、ジャムを入れたり、佃煮を入れてお使いになられているそうです。3つ並んでいる姿がまた素敵ですね。

耳付鉢

耳付蓋物
こちらはシチューに似合う器をイメージされたと伺いました。これからの季節に活躍しそうですね。

縁合わせ8寸皿
綺麗に焼きあがっています。

縄文八寸皿
縁の模様は「縄(なわ)」でつけられたもの、優しい雰囲気が漂っています。黒に近い色ですが、自然光で見ていただくと灰色が含まれたような優しい色です。パスタやカレーはもちろん、石原さんのお宅ではカレイの煮つけや、秋刀魚の塩焼きなど和洋問わず、よく食卓に登場するそうです。

昨夜のお食事会で登場したあめ色の縄文8寸皿、こちらは石原さんがご結婚された頃に作られ、30年近くお使いになられたものです。縁がしっかりと見えることで、食卓の雰囲気がまた素敵になりますね。今回の秋の窯では黒が当店に届きました。昨日のお客様はお蕎麦を盛る器としてお選びいただきました。

最後に記念撮影
楽しい時間もあっという間に過ぎ、石原さんは夕方鳥取へ戻られました。静岡を楽しんでいただけたご様子で私たちもとても嬉しく思います。いろんなお話をうかがうことが出来、とても楽しい2日間でした。引き続き、28日まで山根窯 石原幸二作陶展開催しています。皆様のご来店心よりお待ちしております。
 
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK