◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい 8.17.18)
6/17-25 齊藤十郎の仕事展  6/29-7/3出張テクラ@コスモスコーヒー  7/7(金)8(土)ヤンマのお洋服受注会 7/7コスモスコーヒーさん1日かき氷出店  
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 陶板いろいろ | main | 象嵌皿いろいろ >>
高千穂のわら細工、鍋敷きのご紹介

【岩井窯山本教行のうつわ展】にあわせて、注連縄でお世話になっています宮崎県高千穂の甲斐陽一郎さんに土鍋に合わせて大中小と3つの大きさで鍋敷を作って頂きました。芯の部分もすべて藁を使用しています。

しっかりとした表情、安定するように中心の帯の位置が下部についています。山本教行さんも、「これはとてもいいですね」と喜ばれていました。土鍋と一緒にいかがでしょうか。

壁に掛け、インテリアとしても楽しんでいただけるように、工夫されています。

こちらは中サイズを使用中

6寸の土鍋にもぴったりです。

【甲斐陽一郎作 わら鍋敷】
■尺土鍋におすすめ- (大) 径20cm×高3.5cm  4200円+TAX
■ご飯土鍋、7寸土鍋におすすめ- (中) 径17cm×高2.5cm 3600円+TAX
■ミルクピッチャーにおすすめ- (小) 径15cm×高2cm 3000円+TAX

こちらは甲斐さんからのこの鍋敷のご説明です。
・ 焦げ付いても耐久性をもたせるため、太めの縄でざっくりと編み込みました。
・ 土鍋はかなりの熱をもっているので、以前のものよりドーナツ状の輪を厚くしております。テーブルを熱から守ります。
・ サイドの波目の位置を底面に下げることで、重い土鍋を乗せても安定感が保たれるようになっています。
・ これまでのものと同様、取っ手の輪を大きめにしておりますので、キッチン周りにかけてインテリアとしての役目も果たせるようになっております。
・ 中の芯から全て手綯いのわらで仕上げています。


私達からも「こんな感じで作っていただけますか?」というご相談にも快く対応してくださってた甲斐さん、おかげさまでとてもいい鍋敷きがうまれました。甲斐さんも私達と同世代、これから一緒に美しい道具を作ってくださる方のお一人と思い、今回の素晴らしい鍋敷きが届いたときとても嬉しく思いました。

高千穂では年末に向けてただ今わらの刈り取り中だそうです。今年も年末には美しいわら細工の数々が店頭に並びます。こちらもあわせてお楽しみに。

今日も1日家族みな元気で過ごせたことに感謝。この合掌をみると、感謝やありがとうの気持ちが自然と生まれます。
この温かな赤ちゃんの手のようなぷっくりとした仏様の手は鎌倉時代の木像を参考になれたそうです。まだまだ、ご紹介したい器はたくさんございますので、お楽しみにしてください。明日も11時より皆様のご来店心よりお待ちしております。

【岩井窯山本教行のうつわ展】〜9/14(月)まで





 
COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/652
TRACKBACK