◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(表8.17.18)
4/29-5/8 甲斐陽一郎・勢司恵美 藁と竹の仕事展
5/20.21 出張テクラ@安曇野
6/3-11 SARAXJIJI2017s/s 6/17-25 齊藤十郎の仕事展
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 明日は【戸練ミナさんの重ね煮お料理教室】です | main | シルバーウィークの営業 >>
【戸練ミナさんの重ね煮お料理教室】、【岩井窯山本教行のうつわ展】ありがとうございました。

9/13(日)【戸練ミナさんの重ね煮お料理教室】開催されました。

キュートな戸練ミナ先生。
今回は、【岩井窯山本教行のうつわ展】にあわせての企画、岩井窯の土鍋を使って、美味しいご飯と基本の重ね煮を作って頂きました。

まずはデモンストレーション、ガラスの鍋で重ね煮の様子を見ていただきます。
お野菜の切り方やお米のとぎかた、食べ物に愛を持って接する姿、初めて聞く方は少しびっくりしてしまうかもしれませんが、ご参加されたお客様はとても熱心にお話を聞いてくださいました。



出番待ちのうつわたち。今回の為に山本教行さんが製作してくださったうつわが並びます。本当に豪華!



各テーブルで皆様が実際に教えていただいたように、野菜を切り、岩井窯の土鍋に野菜をいれていいきます。

おいしくなーれ、とおまじない。天地に感謝をし、お野菜に、自他共に感謝し、お役に立てるように、感謝の気持ちをこめて重ね煮をします。この言葉を聞くと、目頭が熱くなり、何人かのお客様も同じようなお気持ちだったようです。愛情たっぷりの言葉でした。

30分ほどすると重ね煮が出来上がりました。あんなにたくさんあったお野菜のかさがぐっと減りました。

土鍋ご飯で、塩お結びをにぎり、重ね煮をアレンジし、お味噌汁、春巻き、和え物があっという間に出来上がりました。

お漬物も岩井窯さんのうつわで。とっても素敵です。

皆様それぞれお好きな器で召し上がっていただきました。

少し時間がオーバーしてしまったり、こちらの不手際でみなさまにご協力いただくことも多々あり、たくさん助けていただきありがとうございました。

頂いた感想文を読ませていただくと、みなさまに戸練ミナ先生のお伝えされていことがしっかりと伝わっていた事が分かりました。
ただ楽しい美味しいだけのお料理教室ではなく、食べ物との向き合い方がかわったり、暮らしや、生き方を考えるきっかけになるようなお話だったのではないでしょうか。

テクラにとっても別会場開催、大人数のお教室など、初めてのチャレンジの連続でしたが、ナチュール様の温かいご協力、周辺のお店様のご協力、そして快くうつわを貸してくださった岩井窯さまのご協力で、このお料理教室が無事終わる事ができました。そして、静岡まで来てくださった戸練ミナ先生、素敵な素晴らしい時間をありがとうございました。私達の「重ね煮を静岡の皆様にご紹介したい」という思いが伝わったような気がします。ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
***

9/14(月)をもって【岩井窯山本教行のうつわ展】最終日を向かえました。最後の最後までお客様に見ていただけたこと、本当に心より感謝いたします。18:00は尊敬している大好きなお客様と迎えることができて、それもとても嬉しかったです。

遠方からもご来店くださったお客様、何度も何度も足を運んでくださったお客様、お問い合わせいただいたお客様、心より感謝申し上げます。

体力不足で、毎日バタンキュウでした。ブログやインスタグラムでもご紹介したかったのですが、今の自分達の暮らしではここまでが精一杯だったかなと思います。入れ替えを気にかけてくれ娘を預かってくれたお友達、緊急アルバイトに駆けつけてくれたMちゃん、休みナシで保育園に行った娘、ただただ感謝です。

お店に来ていただけたお客様には、しっかりと楽しんでいただけるような展示だったと思っています。山本教行さんが作られる、どれをとっても完成してしまっている世界観。器を作ることも、もちろんですが、これを使うとどんな素敵な暮らしが待っているかを教えてくれるように思います。お鍋がひとつ家庭に入る事で、きっと美味しく笑顔があふれる時間がうまれ、ご飯土鍋は美味しいご飯がいつもでき、大皿は分け合う喜びの時間、小さな土鍋は1人の幸せな時間が思いつくとても素敵な器でした。山本教行さんのうつわは展示会でしがご紹介できないため、常設では見ていただくことは難しいのですが、9/18まででしたらお問い合わせにお答えできます。気になるものがあるお客様はお知らせいただければ幸いです。


陶板も多くのお客様の心に響いたようで、とてもとても嬉しく思います。ただの手ではなく、これから先にある穏やかな時間を感じます。ご予約いただいたお客様には少々お時間を頂きますが、到着を楽しみにしていただければと思います。



9/1に訪問した際に咲いていた蓮。季節は秋に移ろいでいきました。

多大なるご協力を頂きました山本教行さんをはじめ岩井窯のご家族のみなさま、ありがとうございました。

まことに勝手ながら、明日9/17(木)は取材と片付けのため臨時休業を頂きます。店内で1日作業をしていますので、品物のお渡しはできます。常設展示では木星社の新作靴下が入荷しています。気持ちを新たにし、9/18より皆様のご来店、心よりお待ちしております。























 
COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/655
TRACKBACK