◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい no. 8.17.18) 11/3-12 tamakiniime展 11/18.19出張テクラ@瀬戸本業窯様 11/23-27出張テクラ@コスモスコーヒー様 12/1-12テクラのお土産展 12/8.9 ミナナイト!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 10/12(月)営業時間 | main | SARAXJIJI 2015A/W EXHIBITION >>
九州旅続き 高千穂 阿蘇へ

9月の九州3日目は高千穂へ、わら細工でお世話になっている甲斐さんのもとへ伺いました。

陽一郎さんは私達と同じ世代、お勤めをやめおばあさまから続くこのワラ細工のお仕事に専念されています。
丁度伺ったときはわらの収穫の最盛期、そして年末の出荷に向けて準備をされているところでした。
先日の台風で、刈り取った藁のかなりの量が使えなくなってしまったとか、いろんなことを乗り越えて当店へもわら細工が届くことが分かります。

今回は田んぼも見せていただきました。Tさんも一緒についてきてくれました。

こちらの稲穂は亀に使うもの、稲穂が黒いものがあると使えないそうです。無事、今年も収穫できることを祈るばかりです。

わら細工のわらの下準備の方法など、再び説明していただきました。乾燥したわらを折れにくくするため、この機会に通し、まっすぐにします。この機械は昔ロープがなかった頃、縄を作るために使われていた道具だそうです。

何往復かして、わらがまっすぐになりました。知恵が凝縮された道具に感動します。

機械がない頃はこの道具でたたいていたそうです。なんとも美しい道具の佇まい。

陽一郎さんにお願いをして、目の前で実演をしていただきました。こちらの幸せの唐辛子飾りはオリジナルの形、来年テクラでもご紹介したいと思っています。

わらを数え

水で湿らせながら、手足を使い編んでいきます。

見とれてしまうほど、力強く編まれていきます。青々としたわらの香り、色、とても美しい手仕事を拝見できました。

先日当店にも美しいわら細工が届き始めました。今年はご予約ではなく、数量限定の販売となります。12月上旬にはお渡しできるともいますので、改めて告知させていただきます。


高千穂のあとは阿蘇へ

SARAXJIJIのデザイナー野田ひろみさんと合流し、行ってみたかったGrünさんへいき、オーナーのりえさん、夏椿の桂さんにも会え、本当に嬉しかったです。その後もひろみさん、Tさんと温泉、高台へ行き、美味しい夕ご飯も頂きました。中秋の名月も美しかったです。

Tさんのサプライズもあり、素敵な場所で素敵なご飯時間を過ごす事ができました。


 
COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/666
TRACKBACK