◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい no. 8.17.18) 11/3-12 tamakiniime展 11/18.19出張テクラ@瀬戸本業窯様 11/23-27出張テクラ@コスモスコーヒー様 12/1-12テクラのお土産展 12/8.9 ミナナイト!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 江籠正樹 竹中悠記 二人展 DM | main | 3/18 整理券配布時間の変更 >>
明日より 江籠正樹(木工)竹中悠記(ガラス)二人展はじまります

江籠正樹(木工)竹中悠記(ガラス)二人展の準備が進んでいます。

作品が届き、あれもこれも良くて、是非皆様にご覧いただければ幸いです。明日は鳥取より竹中悠記さんもお昼過ぎにお店に来てくださいます。

ランプシェードも届きました。あたたかな灯り、美しいガラスと共にご覧いただければ幸いです。



2月に雪の降る鳥取へ伺いました。竹中悠記さんの作られるガラスの現場をずっとずっと拝見したいと思っていたので念願かなって、本当にうれしいです。



竹中さんの作られるガラスは パート・ド・ヴェール という技法で、ガラスの粉練り、石膏の型に埋め込む作業を積み重ね作られる美しいガラスです。こちらはの左にあるのが、石膏の型、右にあるものが石膏の型をつくるためのシリコンの型です。どちらも竹中さんがご自身で作られたもの。


ガラスの粉、色合いがとても素敵でした。

少しどろどろとした状態のガラスの粉を丁寧に丁寧に埋め込んでいきます。


原料のガラス、美しかったので思わず触ろうとしてしまいましたが、とても鋭利なものでした。

丁寧に準備されたものをこの窯で焼きます。

焼きあがったものは石膏の型がついていますが、これをとり

まだ、バリのある状態。手で触っても痛いくらいでした。このあとひたすら磨く作業に

研磨機



石膏の型のストック、これも一回きりのものです。型もとても美しかったです。

これは作品にならなかったもの、すべて失敗してしまうこともあるそうで、私たちの手に届くまでにはおびただしい工程と手間があるのだと思いました。

この作品たちは、仕上げ前もの。テクラの展示会に並んでいますよ。穏やかな、可愛らしい竹中さん。明日昼過ぎから明後日14:00まで鳥取から静岡へ来てくださいます。ぜひ、作品のことなどお話してみてくださいね。


*******************************

3/18(金)は10:30より整理券を配布させていただきます。
江籠正樹さんの作品は3点まで(各種類1点づつまで)とさせていただきます。なお、一部作品はお買い上げ後の展示をお願いさせていただきます。

******************************
江籠正樹(木工)  竹中悠記  (ガラス)  二人展

3/18(金)-23(水) 11:00-18:00
会期中は休まず営業いたしします
竹中悠記さん 在郎日 3/18(金)19(土)14:00まで
木工作家の江籠正樹さんと、ガラス作家の竹中悠記さんに【春】をテーマにした作品をお願いいたしました。
お二人の作品が生み出す、まるで絵本の中に居るような、カラフルで楽しい世界を是非ご堪能くださいませ。

★アイシングクッキー販売します
清水にあるCAKE AND SWEETS bougiee(ブジー)さんに竹中悠記さんのガラスをモチーフにした、
可愛らしいアイシングクッキーを作っていただきました。


■お車でお越しのみなさまへ
当店の駐車場は3台になります、満車の場合はコインパーキングへの駐車をお願いいたします。

■バスでお越しのみなさまへ
静岡駅北口バス乗り場、16番乗り場より 麻機または麻機北 行きに乗車後(乗車時間約15分)「安東北ニ丁目」に下車してください。バス停を降り、そのまま北に方向に進んでください。交差点(右手に茶色の建物の日住ホーム様があります)をそのまままっすぐ進んで下さい。交差点から四軒目左側のベージュの3階建ての建物が当店になります。


■タクシーでお越しのお客様へ
静岡駅より約10分です。距離は約3.5キロ、料金は1500円-2000円です。
タクシードライバーの方に
「長谷通りの静鉄ストアの角を北へ曲がり、そのまままっすぐ進み、左手に松成内科様が見えましたら、次の交差点をそのまままっすぐ進んで、交差点から四軒目が当店になります。」とお伝えくださいませ。

 

 
COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/735
TRACKBACK