◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい no. 8.17.18) 11/3-12 tamakiniime展 11/18.19出張テクラ@瀬戸本業窯様 11/23-27出張テクラ@コスモスコーヒー様 12/1-12テクラのお土産展 12/8.9 ミナナイト!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 高千穂郷わら細工甲斐陽一郎の仕事展、はじまりました。 | main | 高千穂郷わら細工甲斐陽一郎の仕事展、18日(月)までです >>
藁の暖簾

高千穂郷わら細工甲斐陽一郎の仕事展、月曜日もたくさんのお客様にご来店いただきありがとうございました。

先日もご紹介させていただきましたが、今回は藁暖簾(わらのれん)を入り口につけさせていただきました。月曜はよく晴れたので、青空のもとに暖簾がとても美しかったです。

貴重な黒竹を使い、力強く綯われています。今回暖簾掛けも取り付けました。どんな素材がいいのか、形がいいのか、いろんな方にアドバイス、サポートいただき、会期前日に何とか取り付け終了。外壁に自分たちで穴をあけることは初めてで、主人が頑張って取り付けてくれました。

 

この暖簾の先、先日も明記した通り、切りっぱなしではなく藁を折り返してもう一度上にむかった綯われています。切りっぱなしは縁起が悪い為の計らいですが、わらの先もいとおしくとっても美しいのです。この会期が始まり、ご来店頂いた皆様が必ずくぐるこの暖簾、時間がたてばたつほど良い味わいになると思います。こちらは100本の藁の縄で作られています。

昨年,日之影町でわら細工のお手伝いをされていた方が、軽井沢から日帰りで来てくださいました。二人で、この暖簾の写真を撮影を楽しまれているところです。

店内から外をのぞく、この景色がとっても好きです。改めて、暖簾ってとっても、いいものですね。陽一郎さんに、この暖簾も無理を言ってお願いした作品の一つですが、堂々と入口にかけられたこの姿にとても喜んでいらっしゃいいました。サイズオーダーも承りますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

今回の天井に取り付けた彫りものも、会期前日に宮崎県日之影町から駆けつけてくれた陽一郎さんのおかげで、取り付けることができました。3人でいろいろ準備するのも、まるで学園祭のようなわくわくする気持ちがいっぱいで会場づくりをさせてもらいました。

二日目のワークショップも穏やかな会でした。

縄を綯う、手を合わせ、手前に引く「左綯い」はしめ縄の時に使われるない方です。ほとんどのしめ縄は左綯いになっており、通常の右綯いだと手のひらを外に向かって動かすため「福が逃げる」「捨てる」動きになるそうです。動かしにくい左綯いは神様に対して敬意を払い、手を合わせ、祈りを込めて手から生まれる縄である、とお話を伺いました。

縄の向きにも意味があり、そうだったのかと何度話を聞いても、学ぶことが多いです。

最後に飾り米を刺す道具、これはなんと陽一郎さんの手作りのもの。傘の骨の先を加工して作られています。生活の知恵ですね。

 

在廊の最終日、4回のトリの実演をしていただきました。毎日ご覧くださるお客様も、たまたま偶然タイミングがあうお客様も、4回ともたくさんのお客様にご覧いただき感謝しております。何度見ても、とても素敵でした。出来立てほやほやの、鳥をお選びくださるお客様もいらっしゃり、みなさま感激されていました。大きなしめ縄和体いっぱい使って綯われると伺い、次回は、もっと大物を作られるところをご覧いただきたいなと、夢が一つまた増えました。

 

娘もたくさん遊んでいただき、お見送りはちょっと寂しそうでした。陽一郎さん、在廊ありがとうございました。

会期は18日(月)までです。美しい神話の里から生まれた、美しいしめ縄や、わら細工を、実際に手にとりご覧いただければ幸いです。明日皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

◆高千穂郷わら細工甲斐陽一郎の仕事展 7/18(月)まで

 

◆ヤンマ産業のお洋服の受注会 7/22(金)23(土)10:00-19:00 営業時間、延長します!

 

◆出張テクラ@北海道美瑛スイノカゴ 7/27.28.29 11:00-17:00

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/791
TRACKBACK