◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい no. 8.17.18) 11/3-12 tamakiniime展 11/18.19出張テクラ@瀬戸本業窯様 11/23-27出張テクラ@コスモスコーヒー様 12/1-12テクラのお土産展 12/8.9 ミナナイト!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 藁の暖簾 | main | 甲斐陽一郎の仕事展、ありがとうございました >>
高千穂郷わら細工甲斐陽一郎の仕事展、18日(月)までです

今日もとてもとても暑い日でしたね。テクラでは蓮の花が、本日は美しく咲きました。スッキリとした良い香りがします。水連鉢にはクロメダカもいて、子供が増え始めました。近くには可愛らしいメジロの親子が居て、毎日の楽しみになっています。

昨日、遅くなりましたが、彫り物用の額が届きました。少し額縁を厚くし、より迫力あるものになりました。額も販売しておりますので、ご希望のお客様はお声がけくださいね。伝統的な縁起物の「彫りもの」ですが、私たちにはこれがアートに感じられます。

背筋がピシッと伸びるような気持になりますね。

昨年9月の「岩井窯 山本教行のうつわ展」で、甲斐陽一郎さんにお願いして作っていただいた鍋敷き、今では定番の一品になりました。芯も藁でできており、縄をしっかりと編まれて作られています。縄の仕上げではハサミを使って、細かい藁をカットしますが、陽一郎さんがどんなに早くても中サイズでは、おひとつ15分かかるそうです。納得がいくほど、美しい鍋敷きは、追加でお求めくださるお客様もいらっしゃいます。

我が家でも、小、中、大と使っていますが、小はミルクパンや、ピッチャーにお勧めです。中サイズはご飯土鍋や土瓶、大は1尺の土鍋にお勧めです。土鍋や土瓶をお使いいただくと、焦げ目がつく場合がございます。それも、経年変化や味と思っていただければと思います。壁にかけても素敵ですので、ぜひ楽しんでお使いくださいね。

 

前回は暖簾のご紹介をさせていただきましたが、渾身の一品、「藁の椅子」のご紹介です。今回も特に無理を言って作っていただいたのはこの椅子。直径30cm、40cm、50cmの3種類ご用意していただきました。

座り心地は、畳に座っているような、とても座り心地がよい椅子になっています。直径30cmのものを以前作業場で拝見していましたが、「もう少し大きなものがみたい!」とお願いをし、本当に本当に限界まで頑張って作り上げていただきました。

直径50cmの椅子は、あぐらをかける様なイメージでいたのですが、この上で胡坐をかいたときとてもとても、気持ちが良いものでした。背筋が正されるような、心が静かになる不思議な感覚です。50僂琉愡劼和膺容鷽佑盧造襪海箸できます。土間や、玄関、和室などあらゆる場面に似合う椅子です。

直径50cmの椅子に巻き付けてある縄は50mあるそうです。この1脚の椅子に使ったわらは軽トラック1台分と伺っています。気が遠くなるようなお仕事ですが、美しさや存在感、座り心地、そして今の日本で藁を生業にしている方らどれだけいらっしゃるのだろうかと考えると、唯一無二の椅子なのではないかと思います。ご来店の際は、ぜひこの椅子の座り心地を確かめてくださいね。

にんにくつと

卵か貴重だったころ、運搬用に考えられた方法です。卵ではなく、今回はニンニクを入れています。オブジェとしてもとっても素敵です。

毎年定番の「トリ」

鳥は来年の干支でもあり、縁起の良い動物だと言われています。伊勢神宮の境内の中にも居るそうで、良い知らせを教えたり、とりこむなど、ご商売にもお勧めのわら細工です。先日の実演ではトリを何羽か作られていました。お尻の部分がふくれるように、工夫されていたり、顔や足のバランスなど、ひとつひとつ丁寧に作られていたのがとても印象的でした。

陽一郎さんおすすめの物産コーナーも、欠品していたuipanさんのグラノーラ(グラノーラ、ココア味)が入荷しました。使われている小麦は高千穂で栽培されていたものだそうです。また、高千穂地方の昔からある「とうきび飯」も再入荷しました。こちらでは白米に乾燥したトウモロコシの粉をいれてご飯を炊くそうです。2合パックになっており、手軽に楽しめますのでぜひお試し下しさいね。

こちらのお米は、「再生産価格」といって、農家さんが継続していけるように、通常より高めの金額でお米を購入し販売されているもの。これからのコメ作りの在り方を考えられている「千人の蔵」さんから譲っていただいております。先日ご飯を頂きましたが、とってもつやつやでおいしいお米でした。美しい棚田で丁寧に作られたお米。ぜひ、お味見していただきたいです。

 

ご近所さんとの仲よくなられ、挨拶もされていたり、娘ともたくさん遊んでくださった陽一郎さん。「いろはちゃんのお父さん?お父さん二人いるの?」と間違われるほど、我が家に馴染んでいました。明日からの3連休、力強く作られた藁のお仕事をじっくりご覧いただければ幸いです。

 

 

 

 

***

(画像お借りしています。)

7/22(金)23(土)10:00-19:00はヤンマのお洋服の受注会を開催します。受注会とは店内のサンプルのお洋服から、お好きな布をお選びいただき、お洋服をご注文していただきます。また、丈を伸ばしたり、首の空き具合を詰めてもらったりとセミオーダーもできる特別な1年に一度の二日間です。会津木綿や、松坂木綿など日本の和木綿やリネンを中心とした生地を使った、着心地のよいお洋服です。ヤンマ産業のスーパーバイザーのこぎんちゃんが二日間いらっしゃいます、的確なアドバイスをしてくださいますので、お顔映りのいい色や、おすすめの丈の長さなど、ぜひ沢山相談にのってもらってくださいね。

 

この日はきっと暑い日だと思いますので、冷たいお飲み物をご用意しようと思っています。今回のお届けは12月上旬を予定しております。また、当日お持ち帰れるお洋服も今回はたくさん揃っておりますので、そちらもお楽しみくださいね。

 

(画像をお借りしてます)

 

そして、もうすぐこちらへ。北海道美瑛町にあるスイノカゴさんにて、7/28(水)-30(土)出張テクラをさせていただきます。北海道のみなさまにお会いできますように。

 

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/792
TRACKBACK