◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい NO.8.17.18)

10/13(土) 島田アクトCafe様 出張テクラ
10/27(土)-11/5(月) 瀬戸本業窯のうつわ展
11/9(金)-19(月) tamaki niime2018秋冬展
12月 井上尚之のうつわ展
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 小鹿田の会、スタートしました | main | 8/28はタケダビスケットさんの出張販売です >>
小鹿田焼の会、8/28(日)までです

8/20(土)より始まりました【小鹿田焼の会】、毎日たくさんのお客様にご来店いただき心より感謝申し上げます。

店内のあちこちに、たくさんの小鹿田焼が展示してあります。

坂本浩二窯 坂本拓磨さんの淵付き皿、とってもいい表情をしています。

6寸、7寸とご用意しております。

飯椀にも、汁椀にもなりそうな4寸鉢。お子様用にとお求めになられてお客様用に、またカフェの開店記念のお品にとお選びくださるお客様もいらっしゃいました。

とにかく、沢山ご用意していますので家族分をお選びいただけます。今日は10歳の娘さんとお母さまがご来店くださいました。娘さんが自分で野菜炒めなどご飯を作れるようになり、せっかくなら素敵な器で食べてほしいとお話し下しさいました。そんな素敵な瞬間に立ち会えたことが本当にうれしくて嬉しくてたまりませんでした。

坂本工窯の坂本創さんの器、イッチンがとってのびのびしていて、私の好みの1枚。小鹿田焼らしくないかもしれませんが、若き陶工さんたちは今の暮らしに馴染むものを模索しながら作れています。そいうった、息遣いを今回の展示会で感じていただけばとてもうれしく思います。

今年の3月に小鹿田へ行った際のご紹介です。

日田市内から車で30分ほど走ると、山間の集落があります。

川の流れを使って土を砕く、「からうす」が静かな村々に「ギーゴットン」と音が鳴り響いています。

今回おせわなった坂本工窯の工さんです。いつもいろんなお話をしてくださいます。こちらは削りの作業中でした。

小鹿田は個人で窯を所有している家と、共同で窯を所有している家があります。

こちらは共同窯、黒木富雄窯、坂本浩二窯はこちらの共同窯で焼かれています。

火に入る前の皿、こちらは黒木富雄窯の作業場です。

娘と同じ年の息子さんがいるので、娘をすごくかわいがってくださり、ついついいつも家族で長居してしまいます。

ちょうどスープカップに釉薬をかけているところでした。奥様もひとつひとつ丁寧に作業されています。

窯に入る前の片口

こちらの傘立ては今回の展示会にも数点届いていますよ。

とてもとても寒い日だったのを覚えています。出来上がったものばかり見ていると、この制作風景を忘れてしまいますが、ひとつひとつ丁寧に作られていることを改めて思い出しました。焼きあがると美しい白、飴色、緑など表情を変えるのも本当に不思議です。

-小鹿田焼の会-

8/28(日)まで 11:00-18:00

8/28(日)はタケダビスケットさんの出張販売も同時開催です。

8/29-10/7は長期休業です。どうぞよろしくお願いいたします。

やっとやっと娘のパスポートが届きました。出発まであと2週間を切りました。がんばれ、チームテクラ!

COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/801
TRACKBACK