◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい no. 8.17.18)9/19-10/20長期休暇 
9/26-30 paris Le vent exhivition 10/10.11 exta nami にて出張テクラ 10/21-10/29 井上尚之のうつわ展
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 12/10.11 ここらぼの家 イベントのお知らせ | main | 高千穂郷 甲斐陽一郎さんのわら細工 >>
12/15より fabrica.受注会in静岡&DANSKO&フランスのお土産展

 

工藤和彦のうつわ展、沢山のお客様にご来店いただきましてありがとうございました。

期間中、買い足しに来てくださるお客様、じっくりじっくり手に取って器の表情をご覧いただくお客様、よい風景をたくさん見させていただきました。ご来店いただきました皆様、工藤和彦さん、温石さん、madoiさん、ご協力くださった皆様ありがとうございました。

また、12/10.11 ここらぼの家へご来店くださった皆様ありがとうございました。沢山のお客様がお立ち寄りくださったと伺っております。こうして、初めての場所でも皆様がきてくださること、本当にありがたいなと思っています。出店者のみなさま、ここらぼ様ありがとうございました。

 

12/12.13.14はお休みをいただき、12/15より次の企画展です。

 

—Fabrica.の受注販売会+DANSKO+フランスのお土産展—

 

 

今回で2回目になるFabrica.の展示会。トートバックは2種類、ショルダーバック、新作のポーチと新しいお色のブラックが登場します。期間中ご予約販売となり、お渡しは年明けの予定です。

 

fabrica.とはポルトガル語で「工場」という意味です。製造から縫製まで日本で作る事にこだわり、100年後も、親から子へとずっと使っていただける素材やデザインになれるよう思いをこめられ、丁寧に作られています。日本からものづくりがなくなってしまうと、何も残らない、そのため、「日本で作る」ということにこだわられたfabrica.。こだわりが沢山詰まったバックです。

素材の帆布(はんぷ)は9号帆布という、細い糸を先染めし、蝋(ろう)をひいてから、織られています。そのため、後染めの帆布に比べ、色が奥行きがあり、撥水効果や汚れ防止にもなります。白の帆布でも、簡単な汚れは消しゴムで落ちます。

※お手入れ方法は、中性洗剤を布にしみこませ、帆布をなでていただくと汚れが落ちます。除光液、ペンキなどの汚れは落ちませんのでお気をつけくださいませ

 

 

同時開催のdansko 、ベーシックなアイテムが届きました。(画像はお借りしてます)お客様からのご要望で、danskoも今回合わせてご紹介させていただける事になりました。

また、フランスのお土産展では、9月にフランスへ行った際に、3つの窯元さんへ行き譲っていただいたうつわと、蚤の市でかってきたものを並べます。ご紹介したいものばかりですが、明日にはupできると思います。

店内をただ今楽しく展示入れ替え中です。

 

 

 

 

—fabrica.受注会in静岡ー

12/15(木)-25(日)11:00-18:00

期間中のおやすみ 12/20(火)


現在生産されていない貴重な「シャトル織機」で、代々職人の手で撚糸から製織まで一貫生産している「倉敷帆布」。fabrica.ではその中でも特に生産が難しいといわれる特級の先染め9号帆布を、撥水加工を施し、洗いをかけ独特のシワ感を出し使用。そのいくつもの工程を重ねた別注生地と、環境に良いとされる植物性タンニンなめしのヌメ革を、熟練の職人が丁寧に縫い合わせてる。帆布と革それぞれの独特の深い焼け感なのどの風合いが次第に出てくるのが楽しめます

 

COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/841
TRACKBACK