◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(表8.17.18)
5/20.21 出張テクラ@安曇野野乃庵さま
6/3-11 SARAXJIJI2017s/s 6/17-25 齊藤十郎の仕事展
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワークショップのご案内 | main | 明日より藁と竹の仕事展はじまります。 >>
SARAXJIJI入荷しています


今日も一日ありがとうございました。
4/25-28はおやすみをいただきます。


主人が長い出張中のため、ちびっこカメラマンに撮影をお願いしました。


写真はもちろん曲がっていますが、
「ママ、ピースね!」「こっちの手は顔にあてて、もういっこはポケットに入れて、そうそう!」など、凄腕カメラマンの言う通りに母さんモデルはポーズをとりました。
定番のフォールドスカートは80cm丈も入荷しています。
ノースリーブタイプのカシュクールワンピースは早速旅立っていきましたが、6月のSARAXJIJIさんの展示会にはきっと届くと思います。



明日4/25-28は「藁と竹の仕事展」の準備の為おやすみをいただきます。
休み前に沢山入荷がありました。こちらは福田るいさんのチャプバッチ、存在感があり素敵です。


小鹿田焼も只今充実の品揃えです。四寸皿は六種類、しっかり揃っています。

今夜9日ぶりに帰ってくる主人、お会いする皆さまがとても優しく、良い報告を沢山聞いています。また、車に積んできた器たち、楽しみですね。5/11からの常設でご紹介できたらと思います。



4/29からはじまる藁と竹の仕事展、作品が届きはじめました。


鍋敷(花)
一本6mの縄で編まれた薄型の鍋敷です。壁に飾っても素敵ですね。


陽一郎さんがずっとイメージしていた藁の籠が形になったと。早く実物を見てみたいです。


豊楽(ほうらく) 『人々が暮らしを楽しむこと。』 稲穂付きの縄を山桜の樹皮で束ねて、中央を右肩上がりの結びで締めています。 日々の暮らしを楽しめたら、きっとそれは最高の幸せではないかと思います。 そんな願いを込めた稲わら細工です。
(文、写真は藁細工たくぼさんより転載)
新しい藁細工も沢山届きますので、こちらも是非お楽しみくださいませ。





・ 甲斐陽一郎 勢司恵美 藁と竹の仕事展
4/29(土)-5/8(月)




先日のおやすみは娘と鎌倉、東京へ行ってきました。

森のスコレーさんで開催されたワークショップに参加しました。








森の中で、好きな野花を探し、耳飾りを作りました。すごくすごく穏やかで、素敵な忘れられない時間になりました。

ワークショップの後は新宿の花園神社で開催されていた水族館劇場のお芝居を観に行きました。ずっと前から、この劇団の大ファンの素敵なお客様から話は伺っていましたが、タイミングが合い、観に行くことができました。
ストーリーより、何より、お芝居がしたいというはっきりとした信念というか、その気迫に圧倒され、真剣さや、本物の気持ちは人を感動させるんだということに私のアタマはノックアウトされ、涙が出てきました。
人は人を感動させることができる。
「本気」の美しさに心打たれ、心をたっぷり充電させてもらった一日でした。

COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/891
TRACKBACK