◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(表8.17.18)
5/20.21 出張テクラ@安曇野野乃庵さま
6/3-11 SARAXJIJI2017s/s 6/17-25 齊藤十郎の仕事展
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 甲斐陽一郎 勢司恵美 藁と竹の仕事展 はじまりました | main | 藁と竹の仕事展の作品のご紹介 >>
藁竹強化合宿

甲斐陽一郎 勢司恵美 藁と竹の仕事展、三日間毎日沢山のお客様にご来店いただきありがとうございます。東京、愛知、奈良、佐賀からも来てくださるお客様。またお二人の顔を見に何度も足を運んでくださった皆様、ただただありがたい限りです。







日曜、月曜は藁細工のトリをつくるワークショップを開催させていただきました。

藁を綯う、こと。
藁は丈が短い為、途中途中継ぎ足していくのですが、陽一郎さんの継ぎ足し方はどこに足したのかわからないくらいの美しさを持っています。
実際に同じ作業工程を少しさせていただけたことで、膨大な気配りをしながら作られているものだということが分かりました。きっとこれは氷山の一角でなのだと思います。


陽一郎さんが使われるハサミは二カ月で買い替えされるそうです。
細部までハサミで丁寧に丁寧に仕上げられ、藁細工がより美しく見えるように、丁寧に丁寧に作られているのだと改めて驚きました。
恵美さんと話をして気づいたのですが、藁はついつい触りたくなるような美しさや柔らかさがある素材で、

藁を香りを感じると落ち着き、また、神聖な気持ちにもなります。
また、祈りや願いを込めてお選びいただくことも多く、他にはない特別な素材だと思います。


店内にご来店くださるお客様が、ふわっと笑顔になる藁細工は、真面目で想いを込めて甲斐陽一郎さんが作られているからなんだと思います。

数日間、一緒に過ごさせていただき、今回も沢山の学びがありました。本当にありがとうございました。


在廊中、勢司恵美さんも何度も実演をしてくださいました。

4月の上旬に勢司さんに会いに行き、一緒に竹林へ連れて行っていただきました。

一本一本竹を見て、竹を選びます。
とにかく材料選びが重要だと話す恵美さん。竹はいつでも切ることが出来るわけではなく、冬に半年分の竹を用意するそうです。年明け後の竹は基本的には切らず、伐採の時期を誤ると竹に虫がつき、籠が使えなくなってしまうそう。
年間計画を立てながら、だいたい毎年200本くらい竹を切ると話てくださいました。




竹ひごづくりも、幅や厚みを揃えてつくること、勢司さんは簡単そうにささっと作業されていますがあっという間に作られていきます。
竹ひご一本にも面取りという作業があり、使う方が手が痛くならないようにと気配りがされています。この地道な地道な作業が、籠を編み上げたときに使いやすさだけではなく、美しい籠になるそうです。

籠の話をすると、
暮らしの中に馴染む籠を作りたいと、何度もお話されます。
膨大な作業工程の中でも、「このサイズが良いかな、こうしたら綺麗かな」と話しされ、人の暮らしに寄り添うことをすごく大切にされています。

明るくチャーミングで、真面目でまっすぐなお人柄がまた籠や竹細工の魅力に繁栄されているのだと感じます。


こんなにまっすぐで素敵な作品を今回の展示会の為にご用意してくださったことに心から感謝申しあげます。




お二人が今回の展示会の為に作ってくださった作品はこちらでもご紹介させていただきますね。

三日間のお二人の在廊を終え、今日は少しだけお二人と一緒に静岡観光をさせていただきました。



毎年、藁細工を飾ってくださる「鈴木こうじ店」さんへ伺いました。
昨年末の藁細工も、だんだん色が変わり、素敵な鈴木こうじ店さんの店内に馴染んでいるご様子を一緒に拝見できて嬉しいひとときでした。



大やきいもにも行ったり、楽しい時間でした。
先ほど静岡を出発されそれぞれの帰路につかれたお二人、また笑顔で会える日を楽しみにしています。本当に沢山笑い、沢山話をし、夢や希望に溢れた素晴らしい時間をありがとうございました。


明日から、私も気持ちを新たに、美しい藁と竹のお仕事をご紹介させていただきます。

皆様のご来店心よりお待ちしています。
ー甲斐陽一郎 勢司恵美ー
藁と竹の仕事展
5/8(月)まで 12:00-18:00



COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/894
TRACKBACK