◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい NO.8.17.18)
7/31-8/10 テクラはおやすみです
8/4(土)5(日)6(月) 出張テクラ@北海道 洞爺湖 しまりすや
8/25(土)タケダビスケットさん出張販売
8/26(日)27(月)くろさわじゅんこさんのパームリーディング

9/1(土)-10(月)小野眞佐子 織りの仕事展
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 戸練ミナさんの暮らしの会、ありがとうございました | main | 2月の予定&2/8(木)openです >>
2018九州旅記録
2/7まで仕入れ旅の為、お休みをいただきます。 今九州から沖縄へ移動する飛行機の中です。

家族三人て久々に九州沖縄へ来ています。




重ね煮教室のあと、戸練ミナさんと一緒に伊勢神宮へお参りに行きました。一年前にフランス行きを決め、すぐに伊勢神宮へ行ったわたし達。
今年は、去年の感謝の気持ちを伝えにいきました。無事にフランスからも帰ってこれ、また次の新たな目標や夢、そして自分たちの未来をお伝えして気持ちをリフレッシュしました。
夕方セントレアから福岡へ移動し、無事福岡へ

翌日は朝から小鹿田へと移動しました。 昨年の九州豪雨で大きな被害があった、小鹿田。あれ、この場所こんなだっかな、と思うほど風景が一変しているところもありました。 トンネルを抜けると雪景色に一変したり、 山々につもる雪に見惚れたり 回り道や通行止めなどあり、やっと小鹿田へと着きました。 唐臼の音が以前より少なくなっていましたが、福岡の比にならないほど寒い小鹿田ですが皆さん淡々とお仕事をされていました。
黒木富雄窯の昌信さんは釉薬がけをされていました。

小さな3寸皿の釉薬がけですが、大きなものと変わらない手間があり、内側外側と見た目は同じような色ですが掛け分けていました。 翌日からNHKの取材が6日間入ると伺い、また3月に放送になるそうです。 いつも穏やかに対応してくださる、そのお人柄にいつもいつも、来てよかったなぁと思います。

かわいい次男のかんたくん。

坂本浩二窯では丁度数日後に焚く窯詰めの作業中でした。浩二さんと息子の拓磨さんは窯と作業場が少し離れていて、何往復も器を担いでは歩き、行ったり来たりしていました。 頭が下がるようなお仕事を繰り返し繰り返しされていて、私たち届く器はこうしたお仕事の中から生まれているということを、感謝したいなと改めて思いました。
一昨年好評だった小鹿田焼の会、また来年あたりに開催できたらと思いますのでどうぞ楽しみになさってくださいね。 いつもなら駆け足の旅ですが、今回は少しゆっくりじっくり回っています。

夕方小鹿田の帰り道、たまたま見つけたカフェでオーナーさんと意気投合し、

夕食は日田のご当地料理の日田焼きそばをいただきました。美味しかったです。 宿はとっても良いゲストハウスでゆっくり休めました。




翌日は熊本の福田るいさんの工房へ伺いました。 るいさんとも約一年ぶり、今度の四月にはテクラ5周年企画は福田るいさんにお願いしています。楽しい企画のお話しや、展示会の器、出張テクラinシドニー用の器をセレクトさせて頂きました。 明るく、いつも穏やかに迎えてくださるるいさんに本当に元気をいただきました。 やっぱり、好きな方とお仕事出来るのは本当にありがたいことで、幸せなことです。


その後、車を走らせ井上尚之さんの窯へ 尚之さんもいつも元気いっぱいに迎えてくださいます。

お弟子さんがお一人独立されたばかりで、一窯3000点のほとんどを尚之さんが作らなければならない今、とてもお忙しいそうでした。


じっくりじっくり、削りの仕事を拝見しながら、うつわひとつひとつのエピソードやカタチの由来など、じっくりしっかり教えていただきました。

少しお店用にも分けていただきましたので、またお楽しみになさってくださいね。


また、旅の続きをお知らせします。
COMMENT









Trackback URL
http://tekura.jugem.jp/trackback/977
TRACKBACK