ヤンマ受注会(テクラ店内) 6/26(金)-29(月)

◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 13:00-17:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい NO.8.17.18)
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
小鹿田焼の放送があります

さこうゆうこさんのヒヤシンスポット、ムスカリポットだんだん芽が伸びてきて春を少しだけ感じます。


明日、こちらの放送が静岡でもあります。ぜひ、ご覧くださいませ。

1/24(土)10:00-12:00 金継教室
1/25(日)11:00-12:30/14:00-15:30 岩田晄幸先生の中国茶講座
1/26(月)11:00-12:30 〃
店舗は通常営業中です、みなさまのご来店心よりお待ちしております。


 
小鹿田焼
風が強い今日もたくさんのお客様にご来店ただき感謝しております。小鹿田焼をいくつかご紹介させていただきます。

鍋の取り分けようにもお勧めの鉢
直径13.5cm高さ6cm ¥1800+TAX


五寸片口 直径16cm 高さ7cm ¥2700+TAX 残1点

色違いを我が家でも愛用しています。鉢としてもお勧めですし、お正月にはお汁粉をこちらで頂きました。

7寸片口 直径約22cm 高さ9cm  ¥5600+TAX
こちらは少し大きな片口、たっぷりサラダを盛り付けても素敵です。1点のみ入荷しています。

八寸鉢 直径24cm高さ8cm ¥5600+TAX
両面とも美しく焼きあがっています。フルーツを入れて、テーブルの上に置いたままでもとても素敵です。3月のお節句にちらし寿司にもお勧めです。


可愛いミニピッチャーも届いています。各1点入荷。ミルクピッチャーにも、一輪挿しにもお勧めです。
左 胴直径8cm高さ7cm 1080円
右 胴直径7cm高さ9cm 1080円


刷毛目 6寸皿 直径18cm高さ4cm ¥1600+TAX 


引き出しコーナーも充実していますので、お気軽に開けてみてくださいね。明日も皆様のご来店をお待ちしております。
明日(1/18)明後日(1/19)は10:00-12:00 金継教室開催しています。お店は12:30-18:00オープンしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

なお通販対応も出来ますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。各種お問い合わせはこちらから
どうぞよろしくお願いいたします。








 
今日もありがとうございました。

小鹿田焼(おんたやき)8寸切ち鉢

飯碗も綺麗なものが届いています。

鍋の取り皿としても、お勧めの鉢が到着しています。小鹿田焼祭り状態で、沢山のお客様に小鹿田焼を選んでいただいております。どんなシーンにも似合う、万能なうつわ。ぜひ、一度お使いいただきたい器の一つです。

熊本井上尚之さんから届いた器も充実しています。

白の象嵌カップ、口当たりもよく、丈夫で、珈琲にも、お茶にも合うとにかく素敵なカップです。

この三連休、遠方からも沢山のお客様がご来店くださったり、小鹿田焼を求めて下さる方も多く、沢山のお客様とお話でき、とてもとても楽しい三日間でした。ご来店いただきました皆様、ありがとうございました。

昨日から主人は岡山京都へ展示会のため出張中。岡山くらしのギャラリー本店にてコウゲイ創発塾のみなさまとの記念撮影の写真が送られてきました。日本各地の作り手、配り手が集まり熱い夜が繰り広げられたようです。
わたしは娘と二人でお留守番でした。いろんな方に出会ったり、すばらしい作品を見る機会をいただけることは、こうして二人でお店作りをしているからこそできることだな、と改めて思います。関係者の皆様、ありがとうございました。

1/13.14はお休みを頂きます。1/15(木)より皆様のご来店お待ちしております。
 
小鹿田焼と福田るいさんのうつわ

小鹿田焼が並び始めています。

小鹿田焼 水滴 一輪挿しとしても素敵です

こちらはスープカップ、次々素敵なお客様の下へ旅立っています。

こちらのピッチャーも旅立つ前に記念撮影。

小皿も、渋い風合いのなかに火に当たった熊のような可愛い?モチーフにみえるものも発見。こちらも旅立っていきました。

といってもお正月から、開梱洗いを調整し続けていて、恥ずかしながら店内にはまだびしっと並んでいなく、毎日お客様に自力で探してもらいながらお好きな器を選んでいただいております。テクラ窯元状態お許しくださいませ。今回新たに2軒の窯元さんとお付き合いさせていただけることになり、ぐっと小鹿田焼の魅力をお伝えできるようになりました。主人のセレクトもすごくよくて、心からお勧めできます。

切り立ち皿、平皿が充実しております。ぜひ、この3連休はお気に入りの小鹿田焼を探しに来て下さいね。
***
お客様からこんな嬉しい画像を頂きました。

福田るいさんの印花9寸皿、素晴らしい焼具合のうつわです。素敵なお客様の元へ旅立っていきました。使って楽しむことはもちろん、インテリアとして飾っていただけるのも嬉しいです。見て楽しむ、使って楽しむことが出来るうつわですね。

こちらも福田るいさんの角皿です。盛り付けも素晴らしいです、器が喜んでいますね。福田るいさんのうつわも追加入荷していますので、追ってご紹介させていただければと思います。
****

我が家の夕飯風景も少しご紹介

あまりもの寄せ集めですが、うつわのおかげで楽しい朝ごはんになっています。ウィンナーは同じく福田るいさんの6寸皿に。

寒い日は鍋料理で。岩井窯の土鍋は野菜たっぷりの煮込みうどんにもお勧めです。


 
小鹿田焼入荷しています
1/3.4はお正月にしか会えないお客様や、遠方からご来店くださったお客様など楽しい2日間になりました。沢山のお客様にご来店いただき感謝しております。

年末に買付けさせていただいた小鹿田焼も徐々に店頭に並び始めました。バックヤードに並んだこの壷たちが可愛らしくて思わず撮影。

今回は坂本浩二窯、黒木富雄窯、柳瀬晴夫窯より入荷しています。今回は主人が一人で買付けの旅に行ってきました。わたしも開梱しながらお客様と一緒になって「このうつわ素敵!」と心踊りながら、楽しい時間を過ごしています。今週末には店頭に小鹿田焼がしっかりと並ぶと思います。


先日の小鹿田へうかがった際の画像です。こちらは坂本浩二さん、ちょうどマグカップのハンドル付け中でした。

庭にぎっしりと並んでいます。こういったうつわは乾燥のために朝外に出し、夕方にはまた家の中へ運びます。地道な仕事を毎日繰り返されています。小鹿田は九州でもとくに寒い場所です。

ちょうごど黒木さんの窯だしに立ち会うことが出来ました。登り窯にいっぱいに詰まった小鹿田焼。これからひとつひとつ窯から出されます。

小袋窯では、本焼の最中でした。2日間焼き続け、その後2日間冷まします。炎の中に真っ赤なうつわが見えたそうです。わたしも一緒に行きたかった・・・。

窯からもくもくと煙が見えています。


小鹿田焼については1月24日(土)11:30-11:53 NHK総合全国 で坂本浩二さん、琢磨くんの番組が放送されます。9月に小鹿田へ伺った際、密着取材中でした。きっと素晴らしい番組だと思いますので、ぜひご覧下さい。