◆場所 静岡市葵区大岩1丁目1-25(ナビの設定は1丁目1-26)
◆TEL 054-246-2856 ◆OPEN 12:00-18:00 ◆定休日 火曜.水曜+その他お休みはブログにて ◆駐車場 店舗向かい駐車場3台(店舗向かい no. 8.17.18) 11/3-12 tamakiniime展 11/18.19出張テクラ@瀬戸本業窯様 11/23-27出張テクラ@コスモスコーヒー様 12/1-12テクラのお土産展 12/8.9 ミナナイト!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2/27 瀬戸本業窯見学を終えて
西日本旅も、まだブログでご紹介できていませんが、先日の瀬戸本業窯さん窯元見学ツアーのご報告です。


2/27は瀬戸本業窯さんへ窯元見学ツアーを開催させていただきました。
今日のご案内は瀬戸本業窯8代目水野雄介さんに1日ガイドをお願いしました。

到着して、はじめに訪れたのは、「瀬戸グランドキャニオン」とよばれる、瀬戸の原料となる土の採掘場が見える場所へご案内いただきました。
とにかく、圧巻です。瀬戸が一大産地となった理由がわかります。


つぎに瀬戸の駅前にある瀬戸蔵ミュージアムへ
瀬戸の歴史や、焼き物のことなどとってもわかりやすい展示でした。何より、水野さんの解説付きということもあり、他の方も一緒に話を聞いていました。

こんなレトロな列車も。


あっと言う間にお昼になりました。

お昼ごはんは瀬戸でよく食べられている、『いもうどん』すりおろしした長芋がたっぷり入っているうどんです。すごく美味しかったです。身体が温まりました。





午後は窯垣の小径へ
かつて登り窯で使われた、窯道具が垣根として使われていおり、とても趣のある小径です。




民家を改築した資料館

タイルも瀬戸の仕事の一つです。


登り窯がかつてこの場所にあった丘へ
実際に歩いてみると、大きさに改めて驚きます。
雄介さんのお話を聞きながら実際の風景をみると、時の流れと、当時の様子も感じる気がします。

登り窯の部屋には人が立つことが出来るほど大きな窯でした。
壁には自然釉が。美しい風景でした。



釉薬の話を伺ったり、お仕事を拝見させていただきました。



窯横カフェで、コーヒーをいただき

美しいうつわの経年変化も拝見しました。

わかりやすい雄介さんのご説明で、瀬戸のこと、瀬戸本業窯さんのお仕事を今までより深く知ることが出来、学びと経験のある1日だったのではないでしょうか。

ご参加いただきましたみなさま、瀬戸本業窯の水野雄介さんや、ご協力いただきました本業窯みなさま、ありがとうございました。

4月9日からは、瀬戸本業窯のうつわ展を予定しています。今から4月が楽しみです。


またまたパソコンの調子が悪く携帯からの更新になりました。
瀬戸本業窯 窯元見学ツアー

第1回窯元見学 瀬戸本業窯へ行こう!

4月開催の【瀬戸本業窯のうつわ展】のプレ企画として、
瀬戸本業窯8代目水野雄介さんに、瀬戸の歴史やモノづくりのお話をしていただきます。実際に瀬戸の町や砕石所など、器が生まれる歴史や背景をご案内していただき、現地でしか味わえない空気をみなさまに感じていただきたいと思います。
・日時 2/27(土)10:30-15:30
10:30 現地集合(名鉄瀬戸駅予定)
・定員 8名
・参加費 なし(お昼代、交通費は各自ご負担願います)
・スケジュール

10:30 集合 瀬戸周辺案内
11:30-13:00 お昼ごはん
13:30-15:30 瀬戸本業窯周辺案内、工房見学
15:30 解散

お申込みお問合せは info◆tekura.net (◆を@に変換)にてお願いいたします。

締め切りは 2/22(月)
定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。

みなさまのご参加、お待ちしています。
瀬戸本業窯のうつわ
6/2(火)6/3(水)はお休みを頂きます。


瀬戸本業窯のうつわ、とても美しいです。

一時は衰退しかかった馬の目皿も見事に復活しました。初夏に似合う器です。

HACOstyleに連載をさせていただけることになりました。第1回目は「小鹿田焼」についてご紹介させていただきました。自分達の目で見てきた風景と映像、少しでもお伝えできればと思っています。ぜひご覧くださいませ。

【6月の予定】
6/11(木) 岩田晄幸先生の中国茶薬膳講座
6/21(日) HACOマルシェ 出店
6/25(木)26(金)27(土) 静波海岸コスモスコーヒーさんにて出張販売
 
常設展示

3日間のお休みを頂きありがとうございました。


今回の常設はとてもいい器が揃っています。まず、愛知県瀬戸市にある瀬戸本業窯さんの器です。
我が家でもよく登場する器のひとつ、黄瀬戸(きせと)とよばれる、瀬戸の白い土に化粧を施したうつわです。どの食材も美味しそうに見せてくれます。

はとの箸置きも沢山届いています。

小鹿田焼も追加で届きました。

前野直史さんの器も、とっても良いです。

熊本からは井上尚之さんのマグカップ。小代焼(しょうだいやき)のブルーと白みがとても素敵です。

こちらは福田るいさんのうつわ、角皿もとても使いやすそうです。

この季節に登場するさこうゆうこさんの風鈴、ツバメや雪の結晶、お花が気持ちよさそうです。
展示会もとても楽しいのですが、常設のゆっくりと品々を見ていただく雰囲気もとても好きです。明日は運動会の小学校も多いようですが、お天気が持ちますように。